« 反対を唱えていれば有識者 | トップページ | 国民の堪忍袋の緒は切れた »

堺市長が嫌と言ってる都構想

堺の住民投票「理解不能だ」…維新・松井幹事長
 堺市の竹山修身市長が、10月7日の任期満了に伴う市長選と同時に、大阪都構想の是非を問う住民投票を行う意向を明らかにしたことを巡り、大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)の松井幹事長は2日、那覇市内で記者団に、「(都構想が)どういう中身か、判断材料を何も示すことなく、住民投票だけやるというのはちょっと理解不能だ」と述べ、疑問を呈した。
 松井幹事長は、都構想の制度設計をする大阪府と大阪市の「法定協議会」が議論を進めていることを踏まえ、「堺を分割するかどうかの1点だけでは中身が何もない。住民投票をやるなら法定協議会に入るべきだ」と、竹山市長を批判した。
 市長選には再選出馬を表明している竹山市長のほか、大阪維新の会も候補者を擁立する構えで、松井幹事長は「(住民投票は)自分の選挙のためだ。こちらは堂々と戦う」と述べた。
 一方、竹山市長は2日、堺市役所で報道陣に対し、住民投票について「選挙で優位なように持っていくのではなく、都構想への市民の思いを正確に判断するための手段だ」と話した。(以上(2013年5月2日18時22分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20130502-OYT1T00996.htm

 大阪市のお山の大将・橋下徹と腰巾着の松井一郎が、堺市長の市長選と同時に、大阪都構想の是非を問う住民投票を行うとしたことに対して、理解不能だとほざいたそうだ。
 「どういう中身か、判断材料を何も示さず」とその理由をほざいているが、それを示していないのは、大阪維新の会であり、橋下徹だと言うことを理解していないのだから、噴飯物だ。要するに、大阪都構想の是非とは、橋下の独裁を許すか否かという住民投票と同義だと受け取れば、簡単に理解できるはずだ。大阪府内でも、橋下独裁を嫌う勢力があってもしかるべきだ。堺市長としては、大阪都構想の法定協議会にも入りたくないという明確な態度を示しているのだから、それに入らない方が悪いと言うのは、独裁者の理論だ。
 堺市長選挙で、大阪維新の会が負ければ、面白いことになるだろうが、その前に、参院選で日本というかぶり物をした大阪維新の会が、他の地域では受け入れられないだろうから、その後で、橋下徹がツイッターで何をほざくか楽しみだ。(No.3531-3)

|

« 反対を唱えていれば有識者 | トップページ | 国民の堪忍袋の緒は切れた »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57299144

この記事へのトラックバック一覧です: 堺市長が嫌と言ってる都構想:

« 反対を唱えていれば有識者 | トップページ | 国民の堪忍袋の緒は切れた »