« 中継を国益よりも優先す | トップページ | 流用も民主政治の負の遺産 »

副業でできると舐めた金バッジ

「僕が国会議員になってもクソの役にも立たない」橋下氏、参院選出馬を改めて否定
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は9日の記者会見で、今夏の参院選への出馬について「僕が国会議員になってもくその役にもたたない。税金の無駄遣いだ」と改めて否定した。
 維新が参院選対策本部を設置した際に石原慎太郎共同代表が「維新は決して昇り龍の勢いがあるとはいえない」と発言していたが、橋下氏は「(維新が)国民に共感を得るような、政治の態度や振る舞いができているかというとそうではない」と述べ、石原氏と同じ危機感を示した。
 ただ、石原氏が橋下氏の参院選出馬を待望したことについては「僕が出たところで(政局などが)動くということはない」とし、「(国会議員になったとしても)議員宿舎に閉じこもるぐらい。議員報酬なんかをもらったら失礼だ」と自嘲気味に述べた。(以上(MSN産経ニュース2013.5.9 21:34)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130509/stt13050921360008-n1.htm

 大阪のお山の大将・橋下徹が、「僕が国会議員になってもクソの役にも立たない」とほざいて参院選出馬を否定した。
 しかし、嘘吐きの常習犯である橋下徹の言葉は、実際に参院選の立候補締切までは、どう転ぶか分からないと言った方が正解だろう。また、「僕が出たところで(政局などが)動くということはない」ともほざいているが、その通りだろう。橋下徹一人が国会で何をほざいても相手にされないのは、その他大勢の国会議員に過ぎないからだ。それよりは、大阪市長をやっていれば、自分の一挙一頭足に衆目を集めることができるのだから、ナルシストにとってどれだけ心地よい立場かというのが分かるはずだ。さらには、「(国会議員になったとしても)議員宿舎に閉じこもるぐらい。議員報酬なんかをもらったら失礼だ」ともほざいているが、日本維新の会の共同代表と大阪維新の会の代表をやりながら、副業で大阪市長をやっているのだから、市長の報酬を貰うこと自体も失礼だと感じるべきだろう。
 大阪至上主義で、橋下徹の一声で方針の変わる日本維新の会などこれ以上増殖させてはならない党なのだ。(No.3639-3)

|

« 中継を国益よりも優先す | トップページ | 流用も民主政治の負の遺産 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57359195

この記事へのトラックバック一覧です: 副業でできると舐めた金バッジ:

« 中継を国益よりも優先す | トップページ | 流用も民主政治の負の遺産 »