« 責任は想定外という司法 | トップページ | 独裁者反対意見には批判 »

区割りより何が良くなる道州制

【道州制変化予測・中国州】広島と岡山が熾烈な州都争い展開
 道州制が安倍晋三首相の肝いりで導入に向けて大きく動き出した。道州制は地域経済の流れを変えることで、大きな地価変動をもたらすことになる。となれば、州を代表する都市同士の州都争いが展開されることになるが、ここでは中国州の変化を見てみよう。
 中国州では、広島市と岡山市の間で熾烈な州都争いが繰り広げられている。
 普通に考えれば中国地方唯一の百万都市・広島ですんなり決まりのはずだが、前岡山県知事が「中国州と四国州を一緒にして中四国州になれば、交通の中心となる岡山が州都にふさわしい!」とぶち上げた。
 いまは他県からの反発を恐れ州都誘致の動きは沈静化しているが、地価急落の予測を見れば、岡山にとっては死活問題である。※週刊ポスト2013年5月17日号(以上(NEWSポストセブン2013.05.07 07:00)より引用)
http://www.news-postseven.com/archives/20130507_185679.html

 道州制導入を巡って、広島市と岡山市が州都を巡って争っているそうだ。
 それよりも、財源を地方に移管して道州制にすると言うが、道州制のメリットは全く見えてこない。今の地方自治体と国との間に道州という地方自治体が増えるのであれば、公務員も増えて何かメリットがあるのだろうか?これまで、地方自治体が国に予算の陳情をしていたのが、道州に変わるだけではないだろうか。要するに、独裁者・橋下徹がご執心なのは、道州制にすれば新たな権力が生まれると言うことだろう。
 道州制を取らなくても、国から今ある地方自治体に財源を渡して、地方自治体が独自の事業展開をできるようにすれば済むことだろう。それでなくても、未だに旧幕藩体制の区割りで文化の異なる地方自治体を集めて、道州制などということは、決まらない政治の元になるだろう。(No.3635)

|

« 責任は想定外という司法 | トップページ | 独裁者反対意見には批判 »

川柳」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57329488

この記事へのトラックバック一覧です: 区割りより何が良くなる道州制:

« 責任は想定外という司法 | トップページ | 独裁者反対意見には批判 »