« 輿石で民主の負けはもう決まり | トップページ | ウメキタで風俗やれば済む話 »

河野談話が中韓に利用され

従軍慰安婦問題、河野談話で曲解広まる
 従軍慰安婦問題は1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。
 記事中には「主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。
 宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。
 ところが、河野談話によりかえって「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。(以上(2013年5月14日09時08分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130514-OYT1T00220.htm

 南朝鮮に遠慮して、史実とはかけ離れた談話を発表した河野洋平の河野談話が、慰安婦問題をより複雑なものにしている。
 日本軍が慰安婦の強制連行したという資料は、全く見つかっていないのに売国奴・河野洋平によって、一度ひん曲げられた事実を訂正するには、とんでもないだけの労力を要する。南朝鮮が、日本の慰安婦問題をギャアギャア騒ぐ理由は、南朝鮮が朝鮮戦争時に行った従軍慰安の問題を隠蔽するためだと考えられる。南朝鮮が強制連行したという事実は、Wikidedianにも記載された真実だ。南朝鮮では、ベトナム戦争にも従軍慰安婦を連れて行こうとしたが、米軍に止めさされたという事実もある。当然、南朝鮮としては、朝鮮戦争時の従軍慰安婦に対して、まともな補償もしていない。それを隠蔽するために、日本と言っておけば国民の意識が逸れるという朝鮮民族の民族性を政治利用しているだけだ。
 朴槿恵は、歴史認識云々、アメリカにまで行って日本に責任転嫁しているが、事実は、朝鮮人による朝鮮人の強制従軍慰安婦問題を隠蔽するためにやっているだけだ。また、侵略云々、中国もほざいているが、それならば、清朝末期に欧米諸国に侵食されて作られたいわゆる租界は侵略ではなかったとでも言い訳をするのだろうか?歴史認識を直視すべきは、河野洋平、南朝鮮と中国ではないだろうか?(No.3642-3)

|

« 輿石で民主の負けはもう決まり | トップページ | ウメキタで風俗やれば済む話 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57382345

この記事へのトラックバック一覧です: 河野談話が中韓に利用され:

« 輿石で民主の負けはもう決まり | トップページ | ウメキタで風俗やれば済む話 »