« 菅の応援で平岡ももう終わり | トップページ | 法案は民主無視して再可決 »

戦略が欠如している民主党

民主一転、本会議出席「0増5減」採決 何のための抵抗?
 他党からは不信のまなざし 衆院選の区割りを改定する公職選挙法改正案の採決をめぐり、欠席戦術をとっていた民主党が23日の衆院本会議に出席した。19日の政治倫理・公選法改正特別委員会(倫選特)への出席はボイコットしていたが、最後は採決に応じた。ただ、何のための抵抗だったのか、さっぱり分からない民主党の国会戦術に、他の野党からは不信のまなざしが向けられている。
 「国民から見た場合、われわれが本会議に出て、しっかりと態度を示すことは重要ではないかということで出席にいたった」
 細野豪志幹事長は本会議後、採決に参加した理由を記者団にこう説明した。
 しかし委員会採決には欠席しながら、本会議採決には出席という対応は、明らかに筋が通らない。
 細野氏は「0増5減では再び違憲判決が出る可能性がある」と主張。選挙区30議席、比例代表50議席削減という民主党案が倫選特に付託されなかったことを理由に欠席戦術に入った。
 だが、審議拒否が世論の支持を得られるはずもない。しかもこの間、民主党が得たものは何もない。
 22日の衆院議院運営委員会理事会も欠席したため、23日の本会議で反対討論を行う権利も失った。伊吹文明衆院議長の調停にも応えず、改正案の付則に定数削減について「早期に結論を得る」との文言を盛り込むこともできなかった。
 方針撤回のタイミングも最悪だった。
 本会議前、細野氏は日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長に仁義を切りにいったが、時すでに遅し。民主党と歩調を合わせようとしていた維新は本会議を欠席した。
 「民主党は全く信用ができない」。記者会見でこう語った松野氏の表情は怒りにあふれていた。(坂井広志)(以上(MSN産経ニュース2013.4.24 00:48)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130424/stt13042400510000-n1.htm

 特別委員会審議をボイコットした民主党が、衆院本会議の「0増5減」案の採決には出席をして、節操の欠如したことをしっかりと示したそうだ。
 全く持って、戦略という思考が欠如した民主党ならではの光景だ。民主党は、選挙区30議席、比例代表50議席削減という民主党案が倫選特に付託されなかったという理由で倫選特をボイコットしたと言うが、民主党案の何所がよいのか誰にも説明していないのだ。単に、定数を削減すれば良いというのであれば、1票の格差が是正されないので、審議をすることすら時間の無駄だ。もし、民主党案で1票の格差が1・1倍以内に収まって、なおかつ、区割りがゲリマンダーでなければ、審議する価値はあっただろうが、民主党は定数削減ありきで、それ以上の何も考えていないことにすら気付いていないのだ。筋を通るという文化の欠如した民主党に求めるのは酷なのかも知れないが、筋の通らない政治など誰も相手にしないのだ。
 これで、0増5減は、民主党が如何に抵抗しようとも60日後の再可決で成立することとなった。定数削減も必要だが、裁判所で違憲と公認された今の衆議院で決めることではないと私は考える。まず、違憲ではない衆議院にする総選挙を行い、何でも反対党を国会から除外してから、定数削減に踏み切るべきだ。それが民主主義だ。(No.3622-3)

|

« 菅の応援で平岡ももう終わり | トップページ | 法案は民主無視して再可決 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57237041

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略が欠如している民主党:

« 菅の応援で平岡ももう終わり | トップページ | 法案は民主無視して再可決 »