« 勝てるネタあると思っている民主 | トップページ | 任命責任はクビにして終わり »

今更と思う式典開く意味

主権回復61年で式典 首相「決意新たにする日」
 政府は28日、1952年のサンフランシスコ講和条約発効から61年を迎え「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を東京都内の憲政記念館で開いた。安倍晋三首相は戦後復興の歴史を振り返り「本日を一つの大切な節目とし、たどった足跡に思いを致しながら、未来へ向かって希望と決意を新たにする日にしたい」と表明した。天皇、皇后両陛下が出席したが、お言葉は述べなかった。
 本土復帰の72年まで米施政権下に置かれた沖縄県では、4月28日が「屈辱の日」と呼ばれる。このため同県の仲井真弘多知事は県民感情に配慮して欠席し、高良倉吉副知事が代理出席した。(以上(2013/04/28 17:50【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042801001356.html

 政府は、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」を開いたそうだ。
 果たして、サンフランシスコ講和条約から61年も経った今、沖縄の人たちの気持ちを逆なでてまで、やらなければならないことなのだろうか?改憲論議が盛んな中で、言われている押しつけの憲法下での主権回復だったこととの整合性は如何なものだろうか?
 非核三原則と言いながら、アメリカの核の傘がないとどうしようもない状態で、核兵器の使用の反対もできない日本が本当に主権を回復したと言えるのだろうか?(No.3627-2)

|

« 勝てるネタあると思っている民主 | トップページ | 任命責任はクビにして終わり »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57270605

この記事へのトラックバック一覧です: 今更と思う式典開く意味:

« 勝てるネタあると思っている民主 | トップページ | 任命責任はクビにして終わり »