« 憲法の趣旨は独裁の防止策 | トップページ | 長妻はヤジっただけで2億円 »

勝手に噛んだでは通らない放し飼い

「犬が勝手にかんだだけ」放し飼いの男、再逮捕
 放し飼いにしていた柴犬が通行人にかみついてけがを負わせたとして、神奈川県警戸塚署は10日、飼い主の横浜市戸塚区小雀町、無職代田久雄被告(71)(公務執行妨害罪で起訴)を重過失傷害の疑いで再逮捕した。
 発表によると、代田被告は1月18日午前8時25分頃、柴犬(体長約60センチ、体重約9キロ)を放し飼いにして、自宅前を散歩していた女性(65)の太ももに柴犬が数回かみつき、全治6週間の重傷を負わせた疑い。代田被告は「犬が勝手にかんだだけ」と供述しているという。
 近くの住民から「犬にかまれた」などの苦情が相次ぎ、同署と同区役所が2011年から計4回にわたって代田被告に注意したが、聞き入れなかったという。代田被告は2月25日、行政指導に訪れた同区役所の男性職員(47)の足を蹴ったとして、公務執行妨害の疑いで逮捕、起訴されている。(以上(2013年4月10日19時44分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130410-OYT1T01049.htm

 柴犬を放し飼いにして、人を噛んでも犬が勝手に噛んだとほざいた性格の悪い爺が、重過失傷害で再逮捕されたそうだ。
 この糞爺は、犬の放し飼いの常習犯であり、行政指導に来た区役所の職員を足蹴にして公務執行妨害で逮捕・起訴されているというのだから、筋金入りの糞爺のようだ。犬を放し飼いにしなければ、被害者が犬に近づいて噛まれることぐらいしかないが、この糞爺は、常習犯とのことである以上、公務執行妨害と重過失傷害の合わせ技で、懲役何年かの実刑を受けて、反省するまで刑務所に入れておくべきだ。また、無責任な発言をしている以上、重過失傷害罪の上限である懲役5年×1.5(複合罪)=懲役7.5年の刑に処して反省させるべきである。
 このような事件でも、悪徳弁護士が付くと屁理屈を並べた上、今回のように被告が「犬が勝手にかんだだけ」という証言も無かったことにされるのが怖い。良識ある弁護士が付いて、適切な刑罰を被告に与えて欲しいものだと思う。(No.3609)

|

« 憲法の趣旨は独裁の防止策 | トップページ | 長妻はヤジっただけで2億円 »

「ペット」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57146037

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に噛んだでは通らない放し飼い:

« 憲法の趣旨は独裁の防止策 | トップページ | 長妻はヤジっただけで2億円 »