« 改憲で盲腸になる参議院 | トップページ | マニフェストまだ持ち出してくる詐欺師 »

崩壊の秒読み北朝鮮と民主党

民主・室井邦彦氏が離党の意向 「参院選は出馬」
 民主党の室井邦彦参院議員(比例区)が離党する意向を固めた。19日に離党届を提出する考え。理由について、室井氏は朝日新聞の取材に「公務員制度改革や憲法改正をめぐり民主党と考えが違う」と述べた。
 自身が改選を迎える7月の参院選には「出馬する意思はある」と意欲を示したが、他党に移るかどうかは明言を避けた。離党の意向は16日に、輿石東参院議員会長に伝えたという。
 民主党はすでに除籍(除名)処分にした川崎稔、平野達男の両参院議員を近く参院会派から離脱させる方針。室井氏も会派を離れれば民主党会派の勢力は84議席となり、83議席の自民党会派と1議席差になる。(以上(朝日新聞2013年4月17日15時19分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0417/TKY201304170214.html

 民主党の崩壊が始まって、室井邦彦の離党によって民主党は、そろそろ本格的に崩壊が進みそうになってきた。
 それにしても、意味不明なのが、民主党を除籍処分にしておきながら、民主党会派には残留させているという民主党のやり方だ。単に、自分達の延命を謀っているだけで、全く論理的な思考がなされていないことがありありと分かる。まあ、室井邦彦が何所の党から出馬しようと民主崩れの議員に高給を払ってまで国会議員になってもらう必要性も皆無だ。これまで、民主党を支えてきた以上、党と考え方が違うと言っても誰も相手にはしないだろう。
 それよりも、北朝鮮が何かしら戦端を開けばもれなく金王朝の崩壊が起こるとされているが、参院選が終われば、民主党も輿石王朝の崩壊となることは誰もが思うことであり、誰もが望むことだと思う。(No.3616)

|

« 改憲で盲腸になる参議院 | トップページ | マニフェストまだ持ち出してくる詐欺師 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57192264

この記事へのトラックバック一覧です: 崩壊の秒読み北朝鮮と民主党:

« 改憲で盲腸になる参議院 | トップページ | マニフェストまだ持ち出してくる詐欺師 »