« 大阪都拒む選挙だ兵庫県 | トップページ | 朝鮮学校悪平等を利用する »

旗振れど誰も踊らぬ大阪市

橋下市長肝いりの土曜授業、実施は5校のみ
 大阪市教委が今年度から全市立小中学校(429校)で導入する土曜授業について、4月に実施する学校が小中計5校にとどまることが市教委のまとめでわかった。
 橋下徹市長が推進する学力向上のための目玉政策で、毎週でも実施可能としたが、週休2日制の定着や教員の代休確保などが課題となり、二の足を踏む学校が多いのが現状。どの学校も1学期に1回行うのが精いっぱいで、大半の学校では年3回程度しか実施されないとみられる。
 完全学校週5日制が始まった2002年度以来の復活となる土曜授業は、橋下市長が一昨年の市長選で公約に掲げた政策。東京都など先行地域では月2回を上限としているが、大阪市教委は「土曜授業を学校の特色作りに効果的に活用してほしい」と、保護者や地域住民への公開を条件に回数を制限せず、校長の裁量次第では毎週でも実施できる、としていた。
 しかし、4月実施を市教委に届け出たのは日吉小(西区)、神路小(東成区)、勝山小(生野区)、大正東中(大正区)と大池中(生野区)の5校のみ。いずれも4月の実施は1回で、防犯教室や、プロの劇団による観劇会などの行事が中心という。
 4月に土曜授業を行わない理由について、市立小学校のある校長は、「入学したばかりの1年生にとって、週に6日の授業は負担が大きい」と説明。別の市立小校長も「土曜におけいこ事をしている児童も多い。保護者に理解してもらうのに時間がかかる」と述べ、年度当初からの実施に踏み切れない実情を明かした。
 中学校の場合、部活動への影響も大きい。特に運動部は春や秋の公式戦が土曜に行われることが多く、ある市立中の校長は「全市的に公式戦の日程を調整しなければ土曜授業は難しい。うちの区では、区内の校長全員が、各学期に1回しか行えないことで話が一致した」と話している。
 さらに、本来は公休である土曜日に出勤した教員の代休確保も悩みの種だ。別の市立中校長は「教員増などの環境を整えないと、代休が取りづらくなり、負担がますます大きくなる。せっかくの土日授業も導入は進まない」と現場の実情を訴えた。(以上(2013年4月8日16時12分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130408-OYT1T00901.htm

大阪の独裁者・橋下徹が市長選で公約に掲げた学校の土曜授業は、ほとんど行われないことが明らかになった。
 旗降れど誰も踊らない状態になっているが、これらは全て、現実も知らないド素人が考えた公約だからだろう。それでも、独裁者・橋下徹は、市教委が悪いとほざいて、また、人事に横やりを入れるかも知れない。まあ、現実を知らない独裁者・橋下徹をええじゃんええじゃんで選んだのが大阪市民だ。民主党を選んでえらい目にあった有権者と同じことで、橋下を選んだのだから、市長任期いっぱいか参院選までかは分からないが、市教委も子供を抱えた親御さんも忍の一文字だろう。橋下としては、東京が目の敵だから、東京の月2回を上限にしている以上の土曜授業を求めることだろう。
 世の中のシステムも理解できていない独裁者を選んだツケが、ここでも現れているが、大阪府民はそれでも橋下徹を推すのであれば、好きにすれば良いことだ。(No.3607)

|

« 大阪都拒む選挙だ兵庫県 | トップページ | 朝鮮学校悪平等を利用する »

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57132341

この記事へのトラックバック一覧です: 旗振れど誰も踊らぬ大阪市:

« 大阪都拒む選挙だ兵庫県 | トップページ | 朝鮮学校悪平等を利用する »