« 橋下に魂売った大阪市 | トップページ | 総裁を代えて日本の荒治療 »

国産に拘っている売国奴

野田、前原、玄葉氏が決起?! 「國酒議連」が発足
 民主党政権時代の旧主流派保守系が決起?!。そんなことを想起させる民主党有志による議員連盟が3日発足した。名付けて「國酒プロジェクト推進議連」。顧問に名を連ねたのは、野田佳彦前首相、前原誠司前国家戦略担当相、玄葉光一郎前外相。同党は夏の参院選後の分裂もささやかれているだけに、この顔ぶれは憶測を呼びそうだ。
 「ご無沙汰でございます。子供たちが毎朝、元気に牛乳を飲むように、毎日、国酒を欠かさずたしなみさせていただいています」
 酒豪で知られる野田氏はこう挨拶(あいさつ)。会長には古川元久元国家戦略担当相が就任した。議連は「日本酒・焼酎の魅力の認知度の向上と海外への輸出促進」を働き掛けていく。
 前原、玄葉両氏は欠席したが、顧問には松下政経塾出身という共通項もあり、酒というよりは何やらきな臭い香りが漂う。(以上(MSN産経ニュース2013.4.3 19:30)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130403/stt13040319300008-n1.htm

 民主党の売国奴かつ糞下政経塾出身者が、日本酒・焼酎を取り上げて、「國酒議連」なる売国集団を結成したそうだ。
 野田豚、言うだけ番長・前原誠司など日本の国政をことごとく駄目にした輩が、今更何をと言いたい。国政の飲酒運転をやり続けてきた野田豚に日本の国政を論ずる資格があるのだろうか?在日から献金を貰った売国奴・前原誠司にその資格があるのだろうか。そして、外相として無知無能無策を並べて、今の日本外交をどん底に突き落とした玄葉光一郎もしかりだ。
 こいつらは、揃って国会議員を辞職して、好き勝手酒を呑んでいれば良いのだ。(No.3602-2)

|

« 橋下に魂売った大阪市 | トップページ | 総裁を代えて日本の荒治療 »

前原誠司放言録」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57103334

この記事へのトラックバック一覧です: 国産に拘っている売国奴:

« 橋下に魂売った大阪市 | トップページ | 総裁を代えて日本の荒治療 »