« 大阪で大将してりゃよい維新 | トップページ | 菅の応援で平岡ももう終わり »

賠償金取った歴史は忘れてる

「歴史認識の違い前提に」麻生氏発言に反発か
 23日付の韓国紙、中央日報は、尹炳世外相が麻生太郎副総理兼財務相らの靖国神社参拝などを理由に訪日を中止した問題で、麻生氏が2月の朴槿恵大統領との会談で「同じ国、民族でも歴史認識は一致しない。それを前提に歴史認識を論じるべきではないか」などと歴史問題で強い立場を示したことが訪日中止の背景にあると報じた。複数の韓国外交筋らの話としている。
 麻生氏は2月25日にソウルで行われた朴大統領の就任式に出席、朴氏と会談した際、朴氏が「真の友好関係を構築するには歴史を直視し過去の傷が癒やされるよう努力しなければならない」と述べたのに対し、米国の南北戦争の呼称が北部と南部で異なるとの持論を語り、日韓の歴史認識も異なることを前提に議論すべきだと力説したという。
 政府当局者は「麻生氏は就任祝いではなく、歴史観の違いを認めるよう戒めに来たようだった」とし、韓国外交筋は「麻生氏が靖国神社を参拝したことで、韓国外務省は我慢の限界を超えた」と述べた。(共同)(以上(MSN産経ニュース2013.4.23 13:20)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130423/kor13042313260002-n1.htm

 朝鮮半島に都合の良いように歴史をひん曲げて、それを我が国に押しつけることを平気でやっている南朝鮮の尹炳世が麻生氏の発言に噛みついたそうだ。
 それを言われるのであれば、朴槿恵の親父・朴正煕が日本からの賠償金を漢江の奇跡に流用して、慰安婦問題他の直接賠償を受けるべき人の取り分を搾取した歴史をきっちり認識するべきだ。また、日本の歴史教科書にも、日本の賠償金で漢江の奇跡が起こったことを明記するべきだろう。また、日韓基本条約締結時に、日本政府及び朝鮮半島に資産を持っていた人たちは、全て放棄しているのだが、当時朝鮮半島に資産を持っていた人たちが、日本の裁判所に資産保全の申請をして、裁判所が認めれば、当時の資産を朝鮮半島から取り返すことができるのではないだろうか?何しろ、仏像を盗んでも日本に返還することを南朝鮮の裁判所が認めたのだから、目には目を歯には歯をだ。
 日本政府は、一ミリたりとも南朝鮮に譲歩などするべきではない。安倍総理が憲法9条を変えるのであれば、竹島は国防軍を持って取り返すことを明言するべきだ。(No.3622)

|

« 大阪で大将してりゃよい維新 | トップページ | 菅の応援で平岡ももう終わり »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57232900

この記事へのトラックバック一覧です: 賠償金取った歴史は忘れてる:

« 大阪で大将してりゃよい維新 | トップページ | 菅の応援で平岡ももう終わり »