« 魂を売らずに済んだ兵庫県 | トップページ | 韓国のように謝罪求めるのは岡田 »

大阪で成果を出せば済む話

橋下氏「維新へのNO」と肩落す、民主県連幹部「勢い止まった」
 14日に投開票が行われた兵庫県伊丹、宝塚両市長選では、ともに現職が勝利し、日本維新の会新人がともに惨敗する結果となった。維新が大阪府以外の首長選で初めて公認候補を立てた選挙として注目されたが、維新議員の一人は「維新包囲網に敗れた」とがっくり。共同代表の橋下徹大阪市長も「実力不足がそのまま現れた」と肩を落とした。
惨敗も「組織作る布石」「伊丹は廃港なのに」
 橋下氏は15日、大阪市内で報道陣に対し「維新の会の実力不足がそのまま現れた結果。重く受け止めなければならない。選挙のときだけ候補者を出してもだめだ。維新へのNOをつきつけられた」と淡々と語った。
 両市長選で選対本部長を務めた杉田水脈(みお)衆院議員(比例近畿)は選挙の敗因について「維新包囲網で集中攻撃を受けた。維新を脅威と受け止めている既得権益を守りたい人が、一生懸命に頑張った」と分析。ただ、「戦い方に悔いはない。組織を作る上で大きな選挙だった」とも述べた。
 伊丹市長選で大敗を喫した維新新人で元市議、岩城敏之氏(52)=みんなの党推薦=は14日夜、伊丹市内の選挙事務所で約20人の支援者に深々と頭を下げ、大阪(伊丹)空港の存廃が論点となったことについて、「一定の方向性が決まっているのに、存続や廃港の議論がなされているかのようになったのが問題だった」とうなだれた。
 また、宝塚市長選で次点に終わった維新新人で元市議の多田浩一郎氏(40)も宝塚市内の選挙事務所で「(過去の)市議選の時よりも反応はよくなかった」と振り返った。
 一方、今回の選挙結果について自民党兵庫県連の山口信行幹事長は「維新の敗北は順当な結果」と評価。民主党県連の藤井訓博幹事長も「維新の勢いが止まった。衆院選で維新に流れた有権者が良識を取り戻した」と話した。(以上(MSN産経ニュース2013.4.15 12:14)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130415/waf13041512180022-n1.htm

 大阪の独裁者気取りの橋下徹が、宝塚・伊丹両市長選で日本維新の会が惨敗したことを受けて、「実力不足がそのまま現れた」とほざいたそうだ。
 橋下が大阪府知事、大阪市長になって何か大阪で良くなったことがあるのだろうか?桜宮高校の人事にしても威勢の良いことをほざいていたが、ほざいたことは実現できていない。大阪府と大阪市の二重行政にしても、大阪府が気に入らないからとして水道事業を民間委託しようなどとほざいて、言動不一致しか橋下徹を語る言葉はない。オオカミ中年橋下徹と言っても過言ではあるまい。他の自治体に日本維新の会が邪魔をする前に、大阪を誰が見ても住みたいと思わせるようなことをしてから、他の自治体にちょっかいを出せば良いのだ。誰も、大阪の手下に成り下がりたい自治体など皆無だ。その辺の分かっていない橋下徹の息の掛かったイエスマンを首長に据えるなどと怖ろしいことは、大阪以外では考えも付かないことだろう。
 マスコミも橋下徹に気に入らないことを書くと、何時告訴されるか分からないので、大阪市のぶら下がりも一切無くして、橋下徹のマスコミ戦略の手先にならないことを考えた方が良いのではないだろうか?(No.3614)

|

« 魂を売らずに済んだ兵庫県 | トップページ | 韓国のように謝罪求めるのは岡田 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

独裁者」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57180408

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪で成果を出せば済む話:

« 魂を売らずに済んだ兵庫県 | トップページ | 韓国のように謝罪求めるのは岡田 »