« 和解してまた蒸し返す独裁者 | トップページ | 橋下を一切出すなマスメディア »

前代未聞3党合意はもう忘れ

1人別枠残し0増5減、前代未聞…民主・岡田氏
 衆院選挙制度改革を巡り、民主党の岡田克也・前副総理(党政治改革推進本部長)は5日、松江市内のホテルで党島根県連役員に対し、「小選挙区定数の30減、比例定数の50減」などとする民主党案を説明した。
 民主党案では、都道府県にあらかじめ1議席ずつ割り振る「1人別枠方式」の廃止を掲げており、現在二つずつある島根、鳥取両県の小選挙区は一つずつに減らされる。岡田氏は「ぜひ理解を」と求め、両県の声を政府に確実に届ける仕組みを作ると伝えた。
 終了後、岡田氏は取材に対し、各地の「1票の格差」訴訟の判決で1人別枠方式が問題視されたにもかかわらず、政府が1人別枠を事実上残したうえで「0増5減」を実現する区割り法案を国会に出すことを「前代未聞」と批判した。
 県連の和田章一郎代表は県内の小選挙区が一つになる民主党案について「率直に言って大変だが、現憲法の下では致し方ない」と述べた。(矢沢慎一)(以上(2013年4月6日15時20分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20130406-OYT1T00048.htm

 イオングループの組織票頼りの諸悪の根源・岡田克也が、1票の格差について、好き放題放言したらしい。
 ぜひ理解をとほざいているが、イオングループの利益しか頭の中にない岡田克也に言われたからと言って、はいそうですかと答えるのは、イオングループに赤字で納品している仲買人だけだろう。0増5減を先行して法制化するとした3党合意を行った時に、岡田克也は糞の役にも立たない副総理だったことさえ忘れているようだ。衆議院の定数是正については、0増5減を決めてから腰を据えてやれば良いだけのことで、どさくさに紛れて糞にもならない民主党の主張が国会で通る訳がないことすら分からない学習効果の全く欠如しているのが岡田克也だ。それならば、最高裁判決で違憲状態とされながら、是正措置を全く行わなかった歩く国賊・菅直人を国会に証人喚問で呼んで、なぜ、菅無能内閣時に何もしないという不作為行為をやったのか、公の場で明らかにすることが先だろう。
 批判するのは得意な民主党であり、岡田克也だが、政権担当時に余計なこと以外何もしなかったと言う反省を先ず行うべきだ。(No.3605-3)

|

« 和解してまた蒸し返す独裁者 | トップページ | 橋下を一切出すなマスメディア »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57118770

この記事へのトラックバック一覧です: 前代未聞3党合意はもう忘れ:

« 和解してまた蒸し返す独裁者 | トップページ | 橋下を一切出すなマスメディア »