« 売国がとっても好きな民主党 | トップページ | 酒気帯びを軽い罪だと裁判所 »

県警がやっとまともに規制する

違反タクシー解消へ規制強化
 広島県警は26日から、広島市中区の紙屋町交差点北側の国道54号の一部区間について、これまでの駐車禁止から駐停車禁止に規制を強める。車線をふさぎ、交通の妨げとなっている「客待ちタクシー」の車列の解消につなげるのが狙い。
 交差点から北向きの片側3車線のうち歩道寄りの1車線で、基町クレド前のタクシー待機場までの約70メートル区間を対象とする。規制時間は、これまでの駐車禁止と同じ午前6時~午後11時。
 この区間では夕方から夜にかけて、待機場に入ろうとする客待ちタクシーの列が絶えない。これまでは待機場まで停止と前進を繰り返し、駐車違反での摘発を免れることもできた。しかし、26日以降は渋滞や事故の場合を除き、車を止める行為そのものが原則禁じられる。
 近くの旧市民球場跡地では、4月19日から5月12日まで全国菓子大博覧会(ひろしま菓子博)が開かれる。規制強化には周辺の渋滞緩和につなげる狙いもある。県警交通規制課は「この規制は菓子博後も続ける。タクシー業者や運転手の意識向上につなげたい」とする。(以上(中国新聞'13/3/25)より引用)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201303250015.html

 警察庁のアホキャリアが広島県警本部長になった時には、広くもない道路を狭くして違法駐車をしづらい状態を作ったりした広島市の紙屋町交差点だが、菓子博をやるというのでやっとまともな駐停車禁止措置を取ることになった。
 アホキャリアがいた時には、当該場所を駐停車禁止から駐車禁止に格下げして、タクシーの違法駐車が後を絶たないなどと馬鹿なことを考えていた。そして、その秘策が、道路をわざわざ狭くして交通渋滞を起こしたというのだから、机上の空論しかできないアホキャリアの馬鹿さ加減にはあきれて物も言えなかった。やっと、まともな規制になったと言える。しかし、駐停車禁止にしても、午前6時~午後11時まで、交替で取り締まり警察官を張り付かせておかなければ、無意味だろう。なんと言っても、広島県警の中の交番では、「この地区の駐車違反を取り締まらないのは伝統だ」とまで言い切る違法行為も見逃してまともに仕事をしない警察官がいるのだ。今回の規制でも、2回青切符を切れば、3回目には免許停止になるので、しっかり取り締まって切符を切れば、自ずと駐停車禁止区域に停車するタクシーもいなくなることだろう。
 違法行為に目をつむらない広島県警にすることが、違反行為を無くする一番の手立てだ。(No.3595-2)

|

« 売国がとっても好きな民主党 | トップページ | 酒気帯びを軽い罪だと裁判所 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57048856

この記事へのトラックバック一覧です: 県警がやっとまともに規制する:

« 売国がとっても好きな民主党 | トップページ | 酒気帯びを軽い罪だと裁判所 »