« 再稼働まず決めたのは民主党 | トップページ | 裁判所堪忍袋の緒が切れる »

嘘吐きは筋金入りという民主

安愚楽訴訟で海江田氏、「因果関係不明」と争う姿勢
 和牛オーナー制度が行き詰まり破綻した安愚楽牧場(栃木県)をめぐり、海江田万里・民主党代表が経済評論家時代に書いた記事を読んで出資し損害を受けたとして、出資者30人が6億円余りの賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が25日、東京地裁(志田原信三裁判長)であった。海江田氏側は「執筆と損害との因果関係が不明で、法的責任はない」と請求棄却を求めた。
 約5500万円を出資した40代の男性原告が意見陳述し「自宅を購入するための蓄えなどが破綻で紙くずとなってしまい、途方に暮れている。海江田氏の本に出合わなければ被害に遭わなかった」と訴えた。
 訴状によると、海江田氏は1987~92年ごろ、「リスクはゼロ」などと書籍や雑誌で紹介。出資者側は「投資の専門家として影響力があったのに調査や説明を怠った」と主張している。(以上(MSN産経ニュース2013.3.25 12:30)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130325/trl13032512330001-n1.htm

 泣き虫・海江田万里が、国会議員になる前に安愚楽牧場を「リスクはゼロ」と書籍や雑誌で紹介したことで、損害賠償を訴えられている。
 嘘吐き=民主党という構図がここでも見られる。海江田万里などは、国会議員になる前から民主党代議士の資格があったようだ。原告が「海江田の本に出会わなければ被害に遭わなかった」と言っている以上「執筆と損害の因果関係」は明々白々ではないだろうか。まるで、歩く国賊・菅直人が、自分の指示で海水注入を止めさせながら、吉田前所長の機転で海水注入を止めなかったことを自分の成果のようにほざくのと根本は同じだ。
 このような民事裁判になれば、その損害額が分かるが、民主党政権で失った日本の国益を金に換算するとどれだけの金額になるのだろうか?民主党前・現国会議員全員を民事告訴したら、どう裁判所は判断するのだろうか?(No.3592-2)

|

« 再稼働まず決めたのは民主党 | トップページ | 裁判所堪忍袋の緒が切れる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/57030335

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘吐きは筋金入りという民主:

« 再稼働まず決めたのは民主党 | トップページ | 裁判所堪忍袋の緒が切れる »