« 民主からボロボロと出る裏話 | トップページ | 桜宮未だ処分も決まらない »

韓国のおねだり国宝にも及ぶ

国宝・朝鮮鐘、韓国側の返還要求に神社困惑
 豊臣秀吉による朝鮮出兵の際に日本に持ち込まれたとされる福井県敦賀市の常宮じょうぐう神社の釣り鐘「朝鮮鐘」(国宝)が、韓国の市民団体から返還を求められている。
 朝鮮半島由来の文化財の返還請求はこれまでにもあるが、戦前の日本統治時代に移された文物が大半。国宝が対象になるのも異例で、困惑する神社側は「国の宝なので国が問題を解決してほしい」と望んでいる。
 鐘は青銅製で、高さ112センチ、口径67センチ、重さ337キロ。銘文には新羅時代の833年に鋳造されたことや、所有した「蓮池寺」の名がある。文禄の役(1592~93年)の後の1597年(慶長2年)に敦賀城主・大谷吉継が奉納したと伝えられる。1952年に「国内で最古の朝鮮鐘」として国宝に指定された。
 神社によると、5年ほど前から、返還を求める韓国人が訪れて、鐘の前で泣いて訴えるようになり、神社は一般公開をやめた。
 昨年3月には、かつて蓮池寺のあった晋州チンジュ市の市長を名誉団長とする市民団体の約30人が来訪。「貴社の真心で保存されたことは幸い」「速やかな返還を」などとの返還要求書を宮本民雄宮司に示した。宮本宮司は受け取りを拒んだが、写しを置いていったという。
 その後、市民団体の働きかけはないものの、共同代表は読売新聞の取材に「すぐに返してもらえるとは考えていない。日本の学者や政治家らにも考えを説明する」と回答している。
 宮本宮司は「代々守ってきた地域の宝で、返還には応じられない」と話す。文化庁美術学芸課も「国宝の国外持ち出しは文化財保護法で禁じられている」との考えを示す一方で、「民間同士の話には入れない」として、市民団体に国が対応することには否定的だ。(以上(2013年1月31日15時35分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130131-OYT1T00916.htm

 豊臣秀吉の朝鮮出兵時に、日本に持ち込まれたとされる釣り鐘「朝鮮鐘」(国宝)を南朝鮮人が返還せよとほざいているそうだ。
 つい最近、対馬で盗まれた仏像も、統一新羅・高麗時代の朝鮮半島製の仏像であることが分かり、すぐさま日本に返却されるのが筋だが、南朝鮮では、国の資料でも盗難品のリストにも無いが、どうやって日本に行ったかまで分からないと返却しないなどとほざいている輩がいるという。阿須血桃山時代にまで遡って、盗まれたから返せというのが狡猾な朝鮮民族の本性だ。それならば、朝鮮半島南部の任那は、倭国領であったことは、『三国志』魏書東夷伝倭人条の項目や高句麗好太王の碑文から明らかなので、日本に返却して欲しいものだ。という話も日本側としては出す必要があるのではないだろうか。そうすると、第二次世界大戦後という話を南朝鮮は出すことだろう。
 盗っ人猛々しい南朝鮮に対して、政府は対馬で盗まれた仏像を即時返還するように抗議するべきだ。そうしなければ、国立博物館所蔵の高麗茶碗等朝鮮半島で作られた文化財は全て返せと南朝鮮は言うようになるだろう。(No.3539)

|

« 民主からボロボロと出る裏話 | トップページ | 桜宮未だ処分も決まらない »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56668307

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のおねだり国宝にも及ぶ:

« 民主からボロボロと出る裏話 | トップページ | 桜宮未だ処分も決まらない »