« 綺麗事民主並べて自己批判 | トップページ | 鬱川柳について »

竹島を中途半端にする政府

「竹島の日」に政務官を初派遣 政府、韓国側反発も
 政府は、島根県が22日に松江市で開催する「竹島の日」式典に、島尻安伊子内閣府政務官を派遣する方針を固めた。2006年から始まった同式典への政務三役の出席は初めて。政府関係者が16日、明らかにした。竹島の領有権を主張する韓国側の反発も予想される。
 「竹島はわが国固有の領土」との日本政府の立場を明確にし、安倍政権の支持基盤である保守層にアピールする狙い。
 一方、必要以上に韓国側を刺激し日韓関係に波風を立てるのを避けるため、外務省政務三役らの派遣は見送る。「政務官派遣はあくまで内政上の観点からで、外交とは関係ない」との立場を強調するためだ。(以上(2013/02/16 19:34【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013021601001813.html

 総選挙時に、安倍晋三は、「竹島の日」の式典を国でやると大言壮語を繰り返していたが、総理になると一転して、慎重姿勢で南朝鮮のご機嫌を取ることに方向転換した。
 「竹島の日」については、結局、内閣府政務官を派遣することで、水を濁したつもりらしい。日本の内政に関しても、好き放題放言する南朝鮮が、これを良しとするはずがない。今後、何かにといちゃもんを付けてくることは必至だろう。どうせやるのならば、安倍晋三が出席をして、南朝鮮にガツンと日本の姿勢を見せつける方が、効果があると思う。政府としては、政務官なので内政と説明しているが、何に付けても日本が悪いと南朝鮮内に吹聴する南朝鮮政府も南朝鮮のメディアも、観点など関係なしに南朝鮮の論調を展開するだけだ。
 竹島を返す気のない南朝鮮と他の分野では仲良くしようなどと虫の良い話は、日本が南朝鮮の言い分を全て飲まない限りあり得ない話だ。まずは、サムソン・LGの製品を日本から追放することで経済に打撃を与えることが一番良い方法だろう。(No.3555-3)

|

« 綺麗事民主並べて自己批判 | トップページ | 鬱川柳について »

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56784681

この記事へのトラックバック一覧です: 竹島を中途半端にする政府:

« 綺麗事民主並べて自己批判 | トップページ | 鬱川柳について »