« 参院選終われば終わる民主党 | トップページ | 選挙活動が公務と言えるのか »

伸晃がその場凌ぎで掘る墓穴

「家庭にいた」とはどこですか? 石原環境相答弁で波紋
 【青木美希】「家庭」とは「自宅」のことですか――。石原伸晃環境相は15日の記者会見で、福島第一原発周辺の手抜き除染が朝日新聞報道で発覚した1月4日に「家庭」から事実関係の確認を指示したと説明した国会答弁の真意を聞かれ、「指示を的確に出した」とだけ答え、この日も居場所を明かさなかった。
 石原氏は今月12日の衆院予算委員会で、みんなの党の浅尾慶一郎政調会長から「1月4日はどこに居たのか」と問われ、「登庁せず家庭からご連絡させて頂いた」と答弁。浅尾氏は「自宅から連絡されたということですね」と受け止めていた。だが、石原氏は15日の会見で「自宅」と認めなかったため、4日の居場所問題は尾を引きそうだ。
 石原氏は衆院予算委で「除染作業員の8、9割は福島県民」とも答弁していたが、作業員は各地から集まっており、環境省担当部署によると、県民の割合を示すデータはないという。石原氏は15日の会見で「『だいたい9割』という話を聞いたが、データは役所が数えていればあるし数えてなければない」と述べ、明確な根拠はないと認めた。(以上(朝日新聞2013年2月15日16時28分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0215/TKY201302150145.html

 平成の明智光秀こと父ちゃんがいなければ政治屋にも成れなかったであろう石原伸晃が、除染偽装で頓珍漢な答弁をしたそうだ。
 何処で指示を出したのかはまだしも、環境省が調べてもいないことをしゃあしゃあと予算委員会でほざいたというのだから、大臣の資格など元から無いのだ。そもそもデータも無いことを答弁したのもそうだが、所轄する環境省が除染について何も調べてデータ化していない方が問題だ。それを「データは役所が数えていればあるし数えてなければない」と回答して、環境相が許されるのだろうか?無責任もいい加減にして欲しいものだ。
 もし、石原伸晃が平成の光秀をやっていなかったら、今自民党総裁で総理になっていたかも知れないと考えるとゾッとする。天は人間をよく見ているものだと感心するばかりだ。(No.3554)

|

« 参院選終われば終わる民主党 | トップページ | 選挙活動が公務と言えるのか »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56772342

この記事へのトラックバック一覧です: 伸晃がその場凌ぎで掘る墓穴:

« 参院選終われば終わる民主党 | トップページ | 選挙活動が公務と言えるのか »