« 竹島はなんと言っても我が領土 | トップページ | 抗議しただけで終わったのはコリア »

総括がまともにできてない民主

参院2氏の離党、民主に痛手…国会戦略見直しも
 民主党の川崎稔参院議員(佐賀選挙区)と植松恵美子参院議員(香川選挙区)の離党は、再起を図る同党には大きな痛手となり、日本銀行の正副総裁人事などを目前に控え、国会戦略の見直しも迫られそうだ。
 「ねじれ」国会の参院攻防は、与党有利に傾きつつある。
 参院過半数ラインの118議席(欠員、議長を除く)に16議席足りない自民、公明両党に、自民復党を求めた国民新党の自見代表(参院議員)を含めた3氏が同調すれば、民主党の協力を頼む必要性は薄れる。同党から無所属になる意向の川崎稔参院議員は日銀総裁人事で「空席を作らない方がいい」としている。
 3氏以外にも与党に同調する無所属議員がいるとの見方があり、その場合、みんなの党(12議席)、日本維新の会(3議席)、新党改革(2議席)の一致した協力がなくても、衆院で再可決できない国会同意人事で過半数の賛成を得られる可能性が高まる。民主党は2氏を慰留する考えだが、苦しい状況に追い込まれている。(以上(2013年2月22日09時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130222-OYT1T00237.htm

 民主党の参院議員2名が民主党から離党することを表明した。
 先の総選挙でものの見事な惨敗を喫した民主党だが、総括を見ても3バカ総理への責任転嫁だけで、物事の本質まで突き詰める気などなさそうだ。その中で、先の総選挙での最大の戦犯である当時の幹事長・輿石ミイラが責任を取って幹事長は辞任したが、相変わらず参院議員会長として、幹事長時代よりも強大な裏権力を握っている。そうして、元の所属党である社会党のやり方である「何でも反対」を強く主張しているだけだ。少しでも良心のある議員ならば、輿石ミイラのやり方に疑問を持つのが普通の感覚だろう。どうせこのまま行っても、民主党は参院選でも惨敗してその存在価値さえ自ら否定することだろう。それでも、今回の参院選では非改選の輿石ミイラがそのまま残ることは確かなことだ。
 輿石ミイラには、これからも頑張って民主党が跡形の無くなるまで崩壊させて貰うことが一番のお仕事だろう。崩壊するだけの民主党に寄りついて自民党への対抗軸などと考える党も、泥舟に歩み寄って自党もそのとばっちりを受けることを是とする党も日本には存在しないだろう。(No.3560-3)

|

« 竹島はなんと言っても我が領土 | トップページ | 抗議しただけで終わったのはコリア »

売国奴」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56815703

この記事へのトラックバック一覧です: 総括がまともにできてない民主:

« 竹島はなんと言っても我が領土 | トップページ | 抗議しただけで終わったのはコリア »