« 喚問に備え前言翻す | トップページ | アベノミクスも3バカ総理よりマシか »

北朝鮮食料よりも核兵器

北朝鮮「3回目の核実験」…小型・軽量化と発表
 【ソウル=門間順平】北朝鮮は12日午後2時45分、国営の朝鮮中央通信を通じ、「地下核実験を成功裏に実施した」と発表した。
 北朝鮮の核実験は2006年10月と09年5月に続く3回目で、金正恩キムジョンウン体制の発足後初めて。昨年12月に行われた事実上の長距離弾道ミサイル発射に続く国連安全保障理事会決議違反で、自制を求めてきた国際社会の強い反発を招くのは必至だ。核問題を巡る6か国協議の再開問題などにも深刻な影響を与えそうだ。
 同通信は、今回の核実験について、「以前とは異なり、爆発力が大きく、小型化、軽量化した原子爆弾を使用した」と伝えた。
 韓国政府は12日、同日午前11時57分に北朝鮮北東部・豊渓里プンゲリの核実験場がある咸鏡北道吉州郡を震源とするマグニチュード(M)4・9の人工的な揺れが確認されたと発表した。核実験強行により、北朝鮮は核・ミサイル開発の進展を誇示して対米交渉力を高めるとともに、国内外に「核保有国」としての立場を強調して、正恩氏の威信強化と体制固めに活用する思惑とみられる。
 3回目の核実験は、弾道ミサイルに搭載する核弾頭の小型化に向け、決定的な技術習得につながる可能性が指摘されてきた。北朝鮮はプルトニウム型とウラン型の核開発を同時に推進してきたとされ、過去2回の核実験はプルトニウム型の核爆弾だったが、今回はウラン型爆弾の可能性がある。
 北朝鮮の核実験は過去、弾道ミサイル発射後に行われており、1回目は06年7月の「テポドン2」発射から3か月後、2回目は09年4月の「テポドン2」改良型発射の1か月後だった。(以上(2013年2月12日15時13分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130212-OYT1T00632.htm

 北朝鮮が、核実験を行ったと表明した。
 北朝鮮としては、核とミサイルを武器に外交政策を推し進めようとしているのだろうが、それらによって、アメリカを筆頭とする諸外国が北朝鮮に譲歩することなどあるまい。これからさらに、北朝鮮への禁輸処置が厳しくなることだろう。飢えた国民には、核兵器よりも食料だろうが、人道的支援という間接的な核開発への支援も止めて、北朝鮮国内で暴動が起こるように仕向けた方が良いのではないだろうか。また、北朝鮮への渡航も厳しくなるだろうが、在日朝鮮人に対しては、出国は認めても、再入国を認めない処置が一番効果的だろう。
 このような国家を日本国内で賞賛する朝鮮人学校の無償化などとんでもない話だ。(No.4550-3)

|

« 喚問に備え前言翻す | トップページ | アベノミクスも3バカ総理よりマシか »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56751317

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮食料よりも核兵器:

« 喚問に備え前言翻す | トップページ | アベノミクスも3バカ総理よりマシか »