« 隣国の内政干渉まだ止まぬ | トップページ | 名誉職らしい警察の副署長 »

流用の金も役に立たないのが捕鯨

シー・シェパードが妨害、調査捕鯨船の船首損傷
 水産庁は20日、南極海で調査捕鯨を行っている日本の調査母船「日新丸」(8044トン)が、反捕鯨団体「シー・シェパード」から妨害行為を受けたと発表した。
 シー・シェパードによる妨害は今季2度目。
 同庁によると、同日午前11時頃(日本時間)、日新丸がタンカーから給油を受けようとした際、シー・シェパードの「スティーブ・アーウィン号」など3隻が接近し、計4回にわたって日新丸に接触したという。
 日新丸は船首がへこむなどの被害を受けて給油作業を中断したが、航行には影響ないという。乗組員にけがはなかった。(以上(2013年2月20日18時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130220-OYT1T01074.htm

 日本鯨類研究所が行っている調査捕鯨で、震災復興費まで流用して対策しているはずなのにシーシェパードによる妨害を受けたそうだ。
 震災復興費まで、無意味な鯨研の趣味の調査捕鯨に流用しながら、鯨研は何に震災復興費をつぎ込んだのか、国会の場で明らかにした上で、全額国庫に返還するべきだ。シーシェパード対策で、被災地を励ますなどと言う大はったりを受け付けた当時の幹事長である輿石ミイラも同罪だ。
 日本鯨類研究所と輿石ミイラは、共同責任として全額、流用した復興費を国庫に返還するべきだ。もし、輿石ミイラが国会議員だから国庫に金を返還できないというのであれば、即刻国会議員を辞職するべきだ。(No.3559)

|

« 隣国の内政干渉まだ止まぬ | トップページ | 名誉職らしい警察の副署長 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56805948

この記事へのトラックバック一覧です: 流用の金も役に立たないのが捕鯨:

« 隣国の内政干渉まだ止まぬ | トップページ | 名誉職らしい警察の副署長 »