« 社民党も流用してる復興費 | トップページ | 復興にようやく弾み付き始め »

菅直人人の手柄も我が手柄

政局利用
数日前、福島原発事故独立検証委員会、通称民間事故調の中心メンバーである船橋洋一さんから「カウントダウン・メルトダウン」(文芸春秋刊)という著書を送っていただいた。読み始めたところだが、ちょうど一昨日と昨日、この欄で取り上げた2011年3月12日の海水注入問題が、この著書の上巻第4章に詳しく述べられているので紹介する。
    著書の上巻172から173ページで、2011年5月20日、安倍晋三氏が記者団に「海水注入を1時間近く止めてしまった責任はだれにあるのか?菅総理、あなた以外にないじゃありませんか」と話したことも紹介されている。そして「自民党は、官邸からの過剰介入が命取りになったとみて、ここぞとばかり攻めてきたのである。ところが、5月26日に、東京電力は、実際は、吉田所長の判断で海水注入が続いていたと公表した」とある。そしてその最後の部分には「海水注入中断事件を政局にしようとした自民党のたくらみは頓挫した」「自民党が政争の種にしようとした海水注入事件は、不発に終わった」と書かれている。
   興味のある方は著書を直接読んでみてほしい。「過剰介入」といった当時の私に対する自民党の攻撃が、政局利用のためであったことが明らかにされている。(以上(菅直人OFFICIAL BLOG2013-02-03)より引用)
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

 歩く国賊・菅直人が、原発菅災発生時の海水注入を自分の指示で止めながら、吉田前所長の一存で海水注入を続けていたことを自分の手柄だとブログに書いた。
 もし、吉田前所長が、歩く国賊・菅直人を指示と東電本社の指示に本当に従っていたならば、海水注入が1時間止まったのは事実だ。単に、吉田前所長が、アホの指示に従わずに海水注入を続けたことで、もっと酷い菅災になることを防いだだけだ。このように、歩く国賊・菅直人は、自分のやった悪行は棚に上げて、人の著書でも自分の都合の良いところだけ取り上げて、自分の成果にしようとする発想は、朝鮮人と同じだ。歩く国賊・菅直人が、このように自由に事実をねじ曲げてブログに公表できるのも、ひとえに、東京地検特捜部が無能であることが諸悪の根源だ。
 東京地検特捜部は、自分たちの存続を考えるのであれば、まず、歩く国賊・菅直人の身柄を拘束することだ。さらに、東京18区には、菅直人税として、所得の20%を菅災復興費として徴収するべきだ。東京18区の有権者は、このような菅直人を推して国会議員にした以上、それに伴う相応の負担をするべきだ。(No.3541-3)

|

« 社民党も流用してる復興費 | トップページ | 復興にようやく弾み付き始め »

危機管理」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56689303

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人人の手柄も我が手柄:

« 社民党も流用してる復興費 | トップページ | 復興にようやく弾み付き始め »