« 韓国の内政干渉まだ続く | トップページ | 3時間先も当たらぬ気象庁 »

未達でもメール便なら分かるけど

ヤマト配達員、メール便4150通届けず
 ヤマト運輸の「群馬新治センター」(群馬県みなかみ町)に勤務する20歳代の女性配達員が2011年7月から13年1月にかけて、法人顧客が発送したダイレクトメールやカタログのメール便約4150通を配達せず、このうち約1500通を焼却処分していたことがわかった。
 同社が5日、ホームページ上で発表した。
 同社広報課によると、メール便が未配達だったのは、みなかみ町下津、沼田市上川田町、下川田町、屋形原町、岩本町。女性配達員が最近休みがちだったことから、同センターを管轄するみなかみ支店の支店長が1月30日に女性配達員宅を訪れた際、段ボール箱に保管されていたカタログなどを発見し、未配達が発覚したという。
 女性配達員は「配達しきれなくなり、自宅に持ち帰ってしまった。周りに相談できなかった」と話しているという。
 また、女性配達員が自宅で保管していたメール便のうち、11年7月から12年10月までの約1500通は、保管しきれなくなり、自宅敷地内で数回に分けて焼却処分していた。その分の顧客は特定できないという。残る約2650通は、計703社が発送しており、ヤマト運輸が事情を説明し、運賃の返金などで対応するという。
 女性配達員は現在、自宅待機中で、社内規定に則して厳格に対応するという。同社は「地域の皆様にご迷惑をお掛けし、深くおわびします」とコメントした。(以上(2013年2月7日09時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130207-OYT1T00025.htm

 ヤマト運輸のメール便の未達が、配達員による棄損事件であったことが分かった。
 しかし、メール便ならば、送付した側が調べようとすれば、どこに自分の送った物があるかをネット上で調べることができるが、日本郵便会社における普通郵便も速達郵便も、どこに行ったのかさえ追跡できるシステムがない。それゆえに、普通郵便で大阪-広島間で1週間掛かろうが、配達局は、「送られてきた物を配達するだけで、どうなっているかは知らない」としらばっくれれば済むのが実情だ。郵便物は未達であっても、調べる術すらなく、配達員に聞いたが分からないで済ますのが、日本郵便会社だ。
 今回はメール便だが、日本郵便会社で闇から闇に葬られている郵便物が無いとは言えない。このような犯罪が内部で隠匿されれば、誰にも真実が分からないのが郵便だ。少なくとも総務省は、日本郵便会社に対しても、メール便並みに郵便物を追跡できるシステムを構築させるべきだ。(No.3545)

|

« 韓国の内政干渉まだ続く | トップページ | 3時間先も当たらぬ気象庁 »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

郵政」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56714453

この記事へのトラックバック一覧です: 未達でもメール便なら分かるけど:

« 韓国の内政干渉まだ続く | トップページ | 3時間先も当たらぬ気象庁 »