« 東電の調査に出ないのは司法 | トップページ | 流用を寄付で済ますと社民党 »

民主党未だ驕りが直らない

細野氏、3党協議で自民をけん制 離脱も検討と
 民主党の細野豪志幹事長は6日、共同通信のインタビューに応じ、消費税増税を柱とする社会保障と税の一体改革に関する自民、公明両党との3党協議に関し、自民党が誠実な態度を示さなければ離脱も検討せざるを得ないとの認識を示した。社会保障制度改革の議論が進んでいない現状を踏まえ、自民党をけん制した発言だ。
 細野氏は「自民党のおごりだ。民主党とまともに協議する姿勢がない」と批判。その上で「社会保障の将来像を共有できないのに、消費税増税だけ進めるのは、おかしな話だ。考え直さなければいけないことになりかねない」と指摘した。(以上(2013/02/06 19:06【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013020601001967.html

 民主党のモナ男こと細野豪志が、社会保障と税の一体改革に関する3党協議について、自分達の言い分が通らないのであれば、離脱するとほのめかしたそうだ。
 先の総選挙で、民主党の言い分は国民から支持されなかったことは明確であり、民主党の言い分だけを押し通す3党協議などあり得ない話だ。自民党の驕りでも何でもなく、民主党の驕り以外の何者でもない。社会保障の将来像と言うが、景気対策も何もしないでデフレのままで、消費税増税を決めた民主党に言われる筋合いの話ではない。
 総選挙で民意が民主党を否定した以上、民主党はおとなしくするか、さっさと3党協議の場から外れれば良い話だ。どちらにしても悪いのは民主党だと言うことを認識するべきだ。(No.3545-4)

|

« 東電の調査に出ないのは司法 | トップページ | 流用を寄付で済ますと社民党 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56714953

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党未だ驕りが直らない:

« 東電の調査に出ないのは司法 | トップページ | 流用を寄付で済ますと社民党 »