« 輿石の機嫌伺う民主党 | トップページ | 参院選終われば終わる民主党 »

売国を強要されている河野

歴史問題で朴槿恵氏に対応促された河野洋平氏
 【ソウル=門間順平】河野洋平・元衆院議長は14日、日韓関係に関するフォーラム出席のため訪韓し、朴槿恵次期大統領とソウルで会談した。
 朴氏の報道官によると、朴氏は「日本は被害者の苦痛を心から理解するという立場で考えてほしい」と述べ、いわゆる従軍慰安婦問題などの歴史問題での日本側の対応を促した。
 一方で朴氏は、追加の核実験を示唆している北朝鮮を念頭に「韓日の協調がこれまで以上に重要な時期」と指摘。「歴史問題が国民感情を刺激し、未来志向的な関係発展の障害になってはならない」と語った。(以上(2013年2月15日07時47分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130214-OYT1T01249.htm

 売国奴・河野洋平が、南朝鮮に行って案の定さらなる売国行為を朴槿恵から強要されたそうだ。
 慰安婦問題は、朴正煕の時に解決済みであるにも関わらず、河野洋平が官房長官時代に私見で日本を売った「河野談話」などを出すから、南朝鮮に足下を見られるのだ。元政治屋の海外訪問は、事前に政府に申請して政治活動ではない場合に限り認めるように、法律を改正するべきだ。元政治屋と言っても、生きた国賊・鳩山由紀夫、売国奴・村山富市・加藤紘一、そして、くたばっていれば済んだ河野洋平等の発言は、一国民とは扱いが違う以上渡航制限をしても、日本の国益を守るべきだ。それよりは、南朝鮮の賊に奪われた対馬の仏像を即時返却するようになど気が回るような売国奴・河野洋平ではない。南朝鮮は日本から強奪した文化財を国宝に指定して返還しなかったという前科がある。自分達のことは棚に上げて好き勝手ほざいている南朝鮮などまともに相手にする方がバカだ。
 北朝鮮が核実験したこともあるので、朝鮮半島への在日の渡航は認めても、再入国は認めずに、祖国に帰す法律を作るべきではないだろうか。(No.3553-2)

|

« 輿石の機嫌伺う民主党 | トップページ | 参院選終われば終わる民主党 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56769643

この記事へのトラックバック一覧です: 売国を強要されている河野:

« 輿石の機嫌伺う民主党 | トップページ | 参院選終われば終わる民主党 »