« 民主ならからくりなしで大赤字 | トップページ | 竹島を中途半端にする政府 »

綺麗事民主並べて自己批判

トップ迷走・不適閣僚・党内混乱…民主自己批判
 民主党改革創生本部(本部長・海江田代表)は16日、衆院選惨敗の理由や政権運営の問題点を総括する「党改革創生案」をまとめた。
 24日の党大会で決定する。
 衆院選惨敗について、小沢一郎元代表らの離党を念頭に「党内を治めることさえできない集団に国家の舵かじ取りを任せられないとの評価が定着した」と明記した。
 鳩山元首相の米軍普天間飛行場移設問題をめぐる迷走や「政治とカネ」の問題、菅元首相の「消費税発言」などを踏まえ、「トップによる失敗の連鎖が続いた」と指摘。閣僚人事で「適材適所の人材配置が実現しないケース」があったとした。また、2009年衆院選で政権獲得の原動力となった政権公約(マニフェスト)に関しては、「財源の裏づけが不十分で実現性を欠くものとなった」と自己批判した。(以上(2013年2月17日08時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20130216-OYT1T00723.htm

 民主党が、「誰が」という主語を抜いて、骨抜きにした選挙惨敗の総括をしたそうだ。
 一番問題なのは、野田豚を除いた生きた国賊・鳩山由紀夫と歩く国賊・菅直人が、総理を辞めても、好き勝手ほざき続けていることだと私は考える。日本の国益も考えずに、自分の正当化だけの近視眼的発想で、身勝手な行動を続けているこの二匹を何とかしない限り、民主党の再生などあり得ないことだ。さらに言えば、輿石ミイラもまた、日本の国益よりも自分の私利私欲でしか物事を考えられない偏向者と言えるだろう。それらが、民主党という名前の元に、好き勝手動いている限りは、民主党も次の参院選で、守銭奴・小沢一郎と組もうとも、凋落の一途を辿ることだろう。
 そう言えば、原発菅災時の経産大臣はどなたでしたっけ?全く、原発菅災の対応についての反省もありませんね。当然自分のことには触れたくないのが泣き虫・海江田万里なのでしょう。(No.3555-2)

|

« 民主ならからくりなしで大赤字 | トップページ | 竹島を中途半端にする政府 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56782733

この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗事民主並べて自己批判:

« 民主ならからくりなしで大赤字 | トップページ | 竹島を中途半端にする政府 »