« 除名なら野田より先に鳩と菅 | トップページ | 韓国に反対すれば犯罪者 »

責任を口にはするがまず辞めぬ

社民・福島党首陳謝「衆院選敗北の責任は私に」
 社民党は17日、東京都内のホテルで全国代表者会議を開き、夏の参院選で改選2議席を3議席以上に増やすとの目標を決めた。
 比例選では300万票の獲得を目指す。福島党首はあいさつで、昨年の衆院選について「党の敗北の責任は私にある」と陳謝し、「参院選は社民党の存亡をかけた戦いだ」と訴えた。会議では「(党の)存在価値が低下し、有権者の選択肢に入らなかった」などとする衆院選の総括文をまとめた。(以上(2013年2月18日07時32分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20130217-OYT1T00620.htm

 何でも反対の元祖・社民党の福島瑞穂が、衆院選の敗北の責任は自分にあるが、(辞める気など全くない)とほざいたらしい。
 労組の組織票を民主党に取られて、どうやって比例選の得票を得ようとしているのか、単なる気合いとしか感じられない。それよりも、民主党への教訓として、国民を裏切った党は消えて無くなる、ということを実践して欲しいものだ。
 まあ、福島瑞穂自身が比例区でしか当選できない社民党が、有権者の選択肢に入ると考えていること自体、浅ましいとしか言いようがない。(No.3556-2)

|

« 除名なら野田より先に鳩と菅 | トップページ | 韓国に反対すれば犯罪者 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

社民党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56790452

この記事へのトラックバック一覧です: 責任を口にはするがまず辞めぬ:

« 除名なら野田より先に鳩と菅 | トップページ | 韓国に反対すれば犯罪者 »