« 我が国の国富を下げた民主党 | トップページ | 「上がり」ならさっさと引けば良い小沢 »

この人の口を封じる術はない

麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回
 麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。
 発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。(以上(2013/01/21 16:52【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012101001752.html

 麻生太郎副総理が、「延命治療はせずに早く死ね」とも受け取れる発言をしたそうだ。
 元々は、自分のことを言ったようだが、それならば、後で撤回するなどと言うことをしなければ良かろう。このお方は、総理時代からの失言癖があり、これからどれだけ失言で楽しませてくれるかと副総理・財務相に就任した時から思っていた。
 もう幾つ失言をしたら、閣僚の座から降りるのだろうか。(No.3529)

|

« 我が国の国富を下げた民主党 | トップページ | 「上がり」ならさっさと引けば良い小沢 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56597610

この記事へのトラックバック一覧です: この人の口を封じる術はない:

« 我が国の国富を下げた民主党 | トップページ | 「上がり」ならさっさと引けば良い小沢 »