« 安倍総理国防軍もオスプレイ | トップページ | 韓国の言いなりなどは許せない »

国民に出さぬ情報垂れ流し

農水機密、サイバー攻撃…TPP情報など流出か
 農林水産省がサイバー攻撃を受け、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉などを巡る機密文書二十数点を含む延べ3000点以上が海外に流出した疑いのあることが分かった。公用パソコンが遠隔操作され、海外のサーバーと通信している痕跡が見つかった。2012年4月の日米首脳会談と11年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の直前に作成された文書が狙われたとみられる。日本の外交方針が筒抜けになっていた可能性が高い。
 関係者によると、流出の疑いが生じているのは、11年10月から12年4月に作成された内部文書。
 12年4月の日米首脳会談の前に作成された文書では、当時の野田首相とオバマ米大統領の共同声明のTPP関連部分について、外務省と意見交換しながら作成した文案や、会談で首相が発言する予定の「総理発言要領」、現地での首相の行動予定などが含まれていた。
 また、日本がTPP交渉への参加を表明するかどうかが注目された11年11月のAPEC首脳会議の直前に作成した文書では、TPP参加時期に関する首相の意向などが記されていた。
 TPP交渉に参加した場合の工程表や、判断を先送りした場合の影響を検討した文書など20点以上の機密文書もあった。いずれも政府の機密性の統一規範で、3段階のうち2番目(漏えいで国民の権利が侵害されるか、行政事務に支障を及ぼすおそれがある情報)に指定されていた。
 これらの文書は、TPPなど国際交渉を担当する職員らのパソコンから別のパソコンに集められ、通信しやすいようにデータが圧縮されていた。また、情報が集約されたパソコンが不正通信を繰り返していたサーバーのIPアドレス(インターネット上の住所)は韓国内にあり、攻撃者がこのサーバーを操作していたとみられることも農水省の調査で判明。操作画面はハングルで表記されていた。(以上(2013年1月1日03時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121231-OYT1T00881.htm

 農水省がサイバー攻撃に遭い機密情報が、ずだ漏れになりながら知らぬ存ぜぬで頬被りしていたことが分かったが、それでも農水省は責任を認める気さえ無いらしい。
 漏れた情報は、TPPに関する物らしいが、交渉前に情報が漏れたと言うことは、相手に手の内をすべてさらけ出していたことになる。これでは、交渉以前の問題だ。それ以上に問題なのは、中央官庁で機密がネットを通して漏れても誰も責任を取る者がいないのだ。
 国民には知らせない情報ならば、なおさら情報管理を徹底するのが筋だが、国家機密に属する内容は、イントラネット内だけにして、インターネットに接続する環境にしないのが一番の防止策だろう。(No.3509)

|

« 安倍総理国防軍もオスプレイ | トップページ | 韓国の言いなりなどは許せない »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

危機管理」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56450612

この記事へのトラックバック一覧です: 国民に出さぬ情報垂れ流し:

« 安倍総理国防軍もオスプレイ | トップページ | 韓国の言いなりなどは許せない »