« 6日制反対しそう日教組 | トップページ | 韓国が月へと夢を膨らます »

ウォン高に警戒感を示す金(キム)

韓国銀行総裁「円安には積極対応」
 韓国銀行の金仲秀(キム・ジュンス)総裁が最近の急激なウォン高円安に警戒感を示し口先介入に出た。
  韓国メディアによれば金総裁は14日、ソウルプレスセンターで行われた外信記者クラブ招請記者会見で、「大幅な円安などで為替相場の変動性が拡大すればスムージングオペレーション、外国為替健全性措置などで積極的に対応する」と明らかにした。金総裁は、「資本市場が投機的動機により動くことがあるためこのような場合は政府が当然防がなければならない。為替相場の水準ではなく変動幅が過度に大きいことに措置するもの」と述べた。
  ウォン・円相場は11日に2010年5月から2年半ぶりに100円=1200ウォンを割り込み、14日も1178ウォン台にとどまっている。 (以上(2013年01月15日10時37分[(c) 中央日報日本語版] )より引用)
http://japanese.joins.com/article/667/166667.html

 南朝鮮の中央銀行の総裁が、最近のウォン高円安に警戒感を示したそうだ。
 これまで、日本の国益よりも朝鮮の利益を考える民主党政権だったので、南朝鮮も安心していたのだろう。最近の南朝鮮の新聞の日本語版を見ると、安倍政権の動向の一挙手一投足にまで言及した記事が並んでいる。安倍政権は、方針を打ち出しただけで何も実効的なことは行っていないが、民主売国政権から安倍政権に変わっただけで、1ドル10円もの円安になっている。如何に民主売国政権が無能だったか如実に示す事実であるとともに、日本の国益よりも朝鮮の利益を追求した政権だと言うことが分かる。
 民主無能政権が日本を占領した3年3か月の間、南朝鮮のやりたい放題されてきたが、これからは、強い日本が蘇ることを期待したい。(No.3523-3)

|

« 6日制反対しそう日教組 | トップページ | 韓国が月へと夢を膨らます »

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

金融」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56552903

この記事へのトラックバック一覧です: ウォン高に警戒感を示す金(キム):

« 6日制反対しそう日教組 | トップページ | 韓国が月へと夢を膨らます »