« 韓国は条約よりも宗主国 | トップページ | 環境省見て見ぬ振りをした除染 »

いつまでも謝罪ばかりを求められ

村山談話に代わる安倍談話発表へ…菅官房長官
 菅官房長官は4日、読売新聞などのインタビューで、過去の植民地支配と侵略について謝罪した村山首相談話に関し、「(政権として)引き継ぐと同時に、安倍内閣として、21世紀にふさわしい未来志向の新しい談話を発表したい」と述べた。
 新たな「安倍首相談話」の実現に向け、有識者会議を設置し、内容を検討する考えも明らかにした。
 村山談話は1995年に閣議決定された。当時の村山首相(社会党)が昭和戦争を「国策の誤り」と認め、「アジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えた」として、「痛切な反省の意」と「心からのおわびの気持ち」を表明したものだ。菅氏の発言は、閣議決定による村山談話の取り消しは行わないものの、新たな談話によって安倍内閣としての歴史認識を内外に表明する考えを示したとみられる。菅氏は安倍談話の内容について「アジアとの友好、経済連携、文化などが含まれる」と語った。(以上(2013年1月4日21時49分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130104-OYT1T00857.htm

 安倍死ん三が、過去の植民地支配と侵略について「安倍談話」を公表する気になったらしい。
 同じ第二次世界大戦の加害者とされるドイツ・イタリアではそのような話を聞かないが、日本だけがいつまで経っても謝罪を求められる。その理由は、日本の戦後処理にあるのだろう。極力賠償金という名目を使わず、無償援助という名目で行ったからだ。南朝鮮の慰安婦問題についても、朴正煕が賠償金を掠め取ったからであって、今更蒸し返される話しではない。朝鮮人・中国人は日本の植民地政策を非難するが、日ロ戦争時に、もし、日本がロシアを撃退していなければ、旧満州も朝鮮半島も未だにロシアの支配下にあることだろう。そうすれば南朝鮮も北朝鮮状態であることは明白だ。それは頬被りして日本を責めれば支持率の上がる南朝鮮の民族性自体に問題がある。
 安倍死ん三は、これ以上謝罪を求められないような談話を発表するべきだ。いくら自分に非があろうとも頭を下げない朝鮮人、中国人を見習うべきだ。(No.3512-3)

|

« 韓国は条約よりも宗主国 | トップページ | 環境省見て見ぬ振りをした除染 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56473195

この記事へのトラックバック一覧です: いつまでも謝罪ばかりを求められ:

« 韓国は条約よりも宗主国 | トップページ | 環境省見て見ぬ振りをした除染 »