« ばらまいただけで終わった民主党 | トップページ | 社民党解党前に移転する »

平等にバカを生み出す日教組

安倍政権方針に警戒の声…日教組、教研集会開幕
 日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)が26日、佐賀市内で開幕した。
 自民党に政権が戻って初めての開催で、全体集会では、日教組の志向と異なる方向に安倍首相が推し進める教育改革を警戒する声が相次いだ。
 全体集会で、あいさつした日教組の加藤良輔委員長は、自民党政権の復活について、「教育における民意とは異なるもの」と述べ、全国学力テストを全員参加方式に戻す方針など「競争原理の導入は、子供たちの育ちを阻害する」と批判。民主党政権の目玉政策の一つだった高校授業料の実質無償化は「学びたい子供を支えてきた」とし、自民党政権にも継続実施のうえ、朝鮮学校へも適用するよう求めた。
 基調報告を行った日教組の岡本泰良書記長も、安倍首相が教育再生実行会議を設けるなど「民主党政権での教育政策を根本的に見直そうとしている」と警戒感をにじませた。学力テストの全員参加方式などは「序列化、過度の競争に拍車がかかることが危惧される」と抜本的見直しを求めた。(以上(2013年1月26日12時56分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130126-OYT1T00458.htm

 日教組が、自分達の意志とは異なる安倍政権の教育改革に警戒するとほざいたそうだ。 日教組からすれば、自分達の利権代表である輿石ミイラにしがみついて民主党を動かし、自分達のやりたい放題やってきたのが、これまでの姿だ。それで、学校が何か良くなったのだろうか。教師が休みたいために有馬朗人が学力崩壊に導いた「ゆとり教育」にかこつけて週休二日を勝ち取って、貧富の差による学力の差を広げたのは日教組所属教員達の仕業と言っても過言ではない。35人学級にしても、自分達が楽をしたいからと言う発想が見え見えだ。昔の教師は、60人近い生徒を教えていたことを勘案すれば、今の教師の給与は半額にしても良いのではないだろうか。民主党政権でぬるま湯に浸かっていた日教組だが、子供のための教育を考えれば、自分達は何をしなければならないか位分かるはずだ。
 日教組こそ日本の教育の癌であり、これを根本から治療しない限り日本の教育の再生はあり得ない。性職者集団の日教組に教育をさせることから、日本の教育を引き離すことも一つの選択肢として考える必要があるのではないだろうか。(No.3534)

|

« ばらまいただけで終わった民主党 | トップページ | 社民党解党前に移転する »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56630733

この記事へのトラックバック一覧です: 平等にバカを生み出す日教組:

« ばらまいただけで終わった民主党 | トップページ | 社民党解党前に移転する »