« 尖閣に苛立っている鷹の爪 | トップページ | 東電を告訴する気のない司法 »

教育委身内意識がまだ取れぬ

橋下市長、遺族の刑事告訴に「学校再生に向けしっかり議論をしてほしい」
 大阪市立桜宮高バスケットボール部の自殺した男子生徒=当時(17)=の父親が同部の男性顧問(47)を暴行罪で刑事告訴したことを受け、橋下徹市長は23日、記者団に「大変重く受け止めなければならない。在校生も保護者も新入生も学校再生に向けしっかり議論をしてほしい」と述べた。
 市教委の永井哲郎教育長も市役所内で記者団に対して「(告訴を)非常に重たく受け止めている。両親の処罰感情が強いということは認識しないといけない」と述べた上で、市教委として捜査に協力する意向を示した。
 永井教育長によると、今月11日に遺族と面会した際は、市に対し厳しい処分を求めていたが、刑事告訴の話はしていなかったという。永井教育長は学校関係者に捜査が及ぶことを念頭に「できるだけ子供たちや学校の教育活動に支障がないよう(府警に)お願いをしていきたい」と話した。(以上(MSN産経ニュース2013.1.23 19:06)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130123/waf13012319090033-n1.htm

 大阪市教育委員会の永井哲郎教育長が、体罰教師の刑事告訴を受けて「できるだけ子供たちや学校の教育活動に支障がないよう(府警に)お願いをしていきたい」とほざいたそうだ。
 このように身内をかばう意識しかない教育委員会の存在自体が問題としか言いようがない。刑事告訴されたのだから、それを厳粛に受け止めて、学校教育に支障が無いように人員を配置するのが教育委員会の仕事であって、刑事罰を大目に見て欲しいなどと言う立場ではない。それも分かっていない永井哲郎が教育長なのだから、橋下徹も大変なのだろう。
 長年にわたる愛の鞭を誤認識して体罰を加えた教師には、それなりの刑事罰が必要であり、今の状態の改善するには、体罰の兆候を気づかなかったことになっている鈍感な永井哲郎教育長も更迭することが必須だろう。(No.3531-3)

|

« 尖閣に苛立っている鷹の爪 | トップページ | 東電を告訴する気のない司法 »

公務員」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56612555

この記事へのトラックバック一覧です: 教育委身内意識がまだ取れぬ:

« 尖閣に苛立っている鷹の爪 | トップページ | 東電を告訴する気のない司法 »