« 属国の外交はまず宗主国 | トップページ | 国益を損なう鳩山の放し飼い »

連合がまだ頼ってる民主党

連合会長、民主に統治強化求める…意見交換会
 民主党の海江田代表ら党執行部は16日午前、都内のホテルで古賀伸明会長ら連合幹部との意見交換会を行った。
 意見交換会は与党時代は定期的に行われていたが、昨年12月の野党転落後は初めて。
 会合では、細野幹事長が党の綱領を2月24日の党大会で決定することなどを説明、意見交換会については今後も定期的に開催することを確認した。出席者によると、古賀会長は「危機感を持って再生に取り組まないと大変なことになる」と述べ、民主党に対しガバナンス(統治)強化などを求めたという。(以上(2013年1月16日10時42分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130116-OYT1T00342.htm

 連合幹部が、民主党党執行部と意見交換会を開いたそうだ。
 連合は労組の元締めだが、民主党の経済政策でどれだけ日本が駄目になったか、まだ分からないようだ。と言っても、御用労組の集まりだから、リストラすると言えば経営側の手先となって首切りを率先しているのだから、誰のための労組かも分からない。はっきり言って民主党政権で、労働者は何か良いことがあったのだろうか。
 よく考えれば、労働者にとって民主党は糞の役にも立たない物だと分かるはずだが、まだ、すり寄っていく連合には何か利権でも絡んでいるのだろうか?(No.3524-2)

|

« 属国の外交はまず宗主国 | トップページ | 国益を損なう鳩山の放し飼い »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56554921

この記事へのトラックバック一覧です: 連合がまだ頼ってる民主党:

« 属国の外交はまず宗主国 | トップページ | 国益を損なう鳩山の放し飼い »