« 何でもいいじゃんで済ます大阪市 | トップページ | いつまでも謝罪ばかりを求められ »

韓国は条約よりも宗主国

靖国神社放火の中国人 「日本へ渡さぬ」韓国高裁決定 条約不履行
 【ソウル=加藤達也】2011年12月に東京の靖国神社の門に放火したことを韓国で認め、日本側が日韓犯罪人引き渡し条約に基づく身柄引き渡しを求めていた中国籍の劉強容疑者(38)について、ソウル高裁は3日、劉容疑者を「政治犯」と認定し日本に引き渡さないとする判断を下した。韓国法務省は同日釈放、劉容疑者は中国大使館の車で施設を出た。近く中国に帰国する見通しだ。
 日本政府は3日、在ソウルの日本大使館を通じて韓国政府に抗議し、改めて引き渡しを求めた。日本の警察・司法当局の衝撃は大きく、日韓関係に影響を与える可能性がある。
 条約では引き渡しを拒否できる理由として政治犯などを挙げており、ソウル高裁の審査では犯行の「政治性」が焦点となっていた。
 判断でソウル高裁は、靖国神社について「国家施設に相当する政治的象徴性がある」と認定。劉容疑者が犯行動機として「韓国出身の祖母が(朝鮮半島の日本統治時代の)慰安婦で、謝罪せず責任を取らない日本政府に怒りを感じた」と主張している点をとらえ、「(慰安婦などに関する)過去の日本政府の認識と政策に怒りを感じ、日本の政策を変化させようとした」とし、「政治犯に当たる」と認定した。
 劉容疑者は12年1月、ソウルの日本大使館に火炎瓶を投げ込んだ事件の取り調べや公判で、11年12月に靖国神社の門に放火したと自供。警視庁が建造物等以外放火容疑で逮捕状を取得し、日本政府が引き渡しを求めていた。
 劉容疑者は大使館への火炎瓶投げ込み事件で服役。昨年11月に刑期を終え、高裁での引き渡し審査終了まで拘束されていた。中国政府は韓国政府に政治犯と認定し、中国へ退去させるよう外交圧力を強めていた。(以上(MSN産経ニュース2013.1.3 18:21)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130103/kor13010318220003-n1.htm

 靖国神社に放火した犯罪者を南朝鮮の裁判所は、靖国に放火したのは「政治犯」とこじつけて日本に犯人を渡さずに、中国に送り返した。
 有史以来中国の属国であった朝鮮民族からすれば、中国から言われたことは宗主国として逆らうことができない習性なのだろう。しかし、日韓では身柄引き渡し条約があることを忘れてはならない。要するに、南朝鮮政府は国際的な条約よりも、昔ながらの宗主国と仰ぐ中国の圧力に屈したということだろう。南朝鮮政府のこの行為は、南朝鮮が法治国家ではないことを自ら示したのだ。
 日本政府は、南朝鮮政府に抗議したそうだが、既に犯人は中国に送還されているのだ。(No.3512-2)

|

« 何でもいいじゃんで済ます大阪市 | トップページ | いつまでも謝罪ばかりを求められ »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56473101

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は条約よりも宗主国:

« 何でもいいじゃんで済ます大阪市 | トップページ | いつまでも謝罪ばかりを求められ »