« 宮沢の二番煎じという麻生 | トップページ | 1か月先の未来も見えぬ嘉田 »

原発の事故の責任無い自民

「なぜ今」「まず廃炉、賠償」 首相発言に首長不満の声
 安倍晋三首相が30日、テレビ番組で現在停止中の原発の再稼働にとどまらず、新規の原発建設を容認する姿勢を示した発言について、東京電力第1原発事故で住民が避難している県内の首長からは31日、「今の時期、なぜこんな話が出るのか」などと不満の声が相次いだ。一方で、「真意を見極めたい」と冷静に受け止める反応もあった。
 安倍首相は、TBSの番組で、今後の原発政策をめぐり「新たにつくっていく原発は、事故を起こした東京電力福島第1原発とは全然違う。国民的理解を得ながら新規につくっていくということになる」と発言。原子炉や安全対策の違いに着目すべきだとの認識を明らかにした。安倍首相は29日、民主党政権が決めた2030年代の原発ゼロ目標を転換する考えを重ねて示していた。
 これに対し、松本允秀葛尾村長は「避難している立場からすれば、(衆院選直後の)今の時期に、なぜこんな話が出るのかという思い。経済を優先する姿勢に映る」と話した。馬場有浪江町長は「国のエネルギー政策破綻を理由に、原発の再稼働、新設は認められない。原発の廃炉や賠償、除染などを確立させる必要がある」と批判。桜井勝延南相馬市長は「首相が言うからには、少なくとも福島第1原発事故の後処理を全て終えてからだ」と指摘した。
 菅野典雄飯舘村長は「どのぐらいのエネルギーが必要なのか、今後の日本に必要なのかなどの議論がなされないまま、『原発ありき』という考え方をすることに疑問を感じる」と首をかしげる。渡辺利綱大熊町長は「政権が代わったからといって、(新設に対する)考え方が急旋回するのは考えにくい。もう少し真意を見極めたい」と話した。(以上(2013年1月1日福島民友ニュース)より引用)
http://www.minyu-net.com/news/news/0101/news11.html

 安倍死ん三が、原発再稼働どころか新設もやるとほのめかしたことに対して、被災地では安倍死ん三に対する不信感が高まっている。
 そもそも、原発政策をいい加減にやってきたのは自民党政権であり、安倍死ん三もいい加減なことを黙認してきた張本人だ。単に、原発菅災が民主党政権時に起こっただけで、ほとんどの責任は自民党政権にあると言っても過言ではない。福島第一原発の状況さえ分からない内に、福島第一原発よりも新しい原発を作るから大丈夫だとよくも安倍死ん三はほざいたものだ。原発新設をするのであれば、上関原発も安倍死ん三の選挙区内に設けるように変更するべきだ。当然、安倍死ん三に投票した長州人はこぞって大賛成をするだろう。3年間で原発のあり方をどうするか決めるとほざいた安倍死ん三が、もう、検討もせずに原発新設をほのめかすこと自体、民主党に勝るとも劣らぬ公約詐欺だ。
 安倍死ん三は、Jファイルを選挙前には公約だとほざいていたが、選挙が終わったら政策集だと言い換えた。これも公約詐欺だ。安倍死ん三は一日も早く下痢を再発させて、政権を放り出すべきだ。嘘吐きに政権を任せておく訳にはいかない。(No.3511)

|

« 宮沢の二番煎じという麻生 | トップページ | 1か月先の未来も見えぬ嘉田 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

日本人には、目指す世界がない。
むしろ、何も動かないのが、天下泰平の世の中であり、伝統的にそれを人民が願っているのだ。

「我々はどこから来たか」「何者であるか」「どこに行くか」という考え方はない。
日本語には、時制 (過去・現在・未来の世界を分けて考える考え方) がないからである。
一寸先を闇と見る政治家たちに行く先を案内されるのは不安でたまらない。
つかみどころのない人間ばかりの社会では、とかくこの世は無責任となる。
国がひっくり返っても、責任者は出なかった。その責任感の無さ。

人にはいろいろな意見がある。
だから、社会のことには、政治的な決着が必要である。
万難を排して、原発は再稼働を停止する。優柔不断では犠牲者・被害者が増大する。
これは、終戦詔勅を受け入れる時のようなものである。ことは人の命にかかわる問題である。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もつて万世のために太平を開かんと欲す。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2013年1月 5日 (土) 03時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56461644

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の事故の責任無い自民:

« 宮沢の二番煎じという麻生 | トップページ | 1か月先の未来も見えぬ嘉田 »