« 放言も許す民主の民主主義 | トップページ | 党利しか頭の中に無い民主 »

嘘吐きも仲間に入れて維新する

橋下氏「維新・みんな・民主の一部で新党を」
 日本維新の会の橋下共同代表(大阪市長)は28日、今夏の参院選に向けたみんなの党などとの合流構想について、「自民党の対抗勢力として維新の会、みんなの党、民主党の一部で新しい政党を作っていくことが日本のためになる」と述べ、政策が近い民主党議員を含めた新党を結成するべきだとの考えを明らかにした。
 市役所で記者団に語った。
 橋下氏は「みんなの党との合流を模索し続ける。維新の会の存続にはこだわらない。参院選で選択肢を示すことが政治家の役割だ」と述べた。
 みんなの党の渡辺代表は27日の党大会で、維新の会との合流について、「あり得ない。信頼が崩れている」と否定。これに対し、橋下氏は「渡辺代表にはもう少し、大人の政治家になってもらいたい」と指摘し、「僕が気にくわないなら(共同代表を)引いても構わない」とも述べた。(以上(2013年1月28日12時50分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130128-OYT1T00703.htm

 日本維新の会の橋下徹は、今年の参院選のために猫も杓子もまぜこぜにして新党結成をするとほざいたらしい。
 嘘吐き・民主党も一部を取り込んでと言うのだから、猫も杓子もと言う表現しかできないだろう。みんなの党の渡辺代表は、先の総選挙で維新の会に煮え湯を飲まされているので、合流について「あり得ない」と述べているが、橋下徹は、「もう少し、大人の政治家になってもらいたい」とほざいたらしい。お互い様ということも分かっていないのが橋下徹だ。さらに、「合流するのならば、共同代表を引いても良い」ともほざいているが、それならば、代表代行に引き下がっていたのが、いつの間にやら旧太陽の党が気に入らないとして、石原慎太郎と共同代表になったことさえ既に忘れているのだ。
 橋下徹は、マスコミを利用することは上手いが、政治が上手いとは思えない。どちらかと言えば、ペテン師に属すると私は思う。そういう意味では、ペテン師の実績豊かな民主党と組むのも一手だろう。(No.3536)

|

« 放言も許す民主の民主主義 | トップページ | 党利しか頭の中に無い民主 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56647003

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘吐きも仲間に入れて維新する:

« 放言も許す民主の民主主義 | トップページ | 党利しか頭の中に無い民主 »