« 民主党自然減でも成果です | トップページ | 鳩山に付ける薬のない日本 »

被災者を裏切る光秀の除染

手抜き除染、5件を認定 環境省、うち3件を処分
 東京電力福島第一原発周辺の国直轄の除染で手抜きが横行している問題で、環境省は18日、調査結果と再発防止策を公表した。汚染水の未回収など5件を不適正と認定、うち3件を行政処分とした。「断定するには至らなかった」などの記述も多く、同省は引き続き調査する。手抜き情報の対処で省内に問題があったことも認めた。防止策では現場の監督を4倍に増強、元請け業者への処分の厳正化などを盛り込んだ。
 この日あった同省の除染適正化推進本部で「除染適正化プログラム」を取りまとめ、同本部長の井上信治環境副大臣が発表した。
 同省によると、手抜き除染が疑われるのは19件。これまで元請けのゼネコン4社が申告した3件に加え、同省の調査で、集めた草木などを川に投棄していた事例など2件を不適正と判断。中でも悪質な3件は文書で改善を指示した。
 石原伸晃環境相は閣議後の会見で「除染事業は引き続き調査検証し、改善することが重要」と述べ、除染事業の見直しに言及した。
     ◇
■環境省が不適正な除染と認定した事案
(改善措置など文書に基づく行政処分)
・楢葉町の民家ベランダを高圧洗浄した際の排水処理
・飯舘村の郵便局駐車場で側溝に洗浄水が流出
・田村市で伐採した草木などを川岸に放置
(指導)
・田村市で作業員の長靴を洗い流した水が側溝に流出
・田村市で長靴、ちりとり、熊手を川で洗う
http://www.asahi.com./national/update/0118/TKY201301180159.html

 平成の光秀こと石原伸晃が大臣に鎮座する環境省は、朝日新聞のスクープで仕方ないから、簡単な行政処分を済ませて終わりにしたいようだ。
 がれき処理にしても、数字を吸い上げてまとめているだけで復興丁に仕事を取り上げられた環境省だけあって、霞ヶ関の机上の空論は得意のようだ。問題があれば現場に行くのが筋だが、簡単な聞き取り調査だけで事を済まそうとしているのだから、石原伸晃は、原発菅災被災者も裏切ったも同然だ。「断定するには至らなかった」ではなく、断定するまで捜査するのが筋だ。少なくとも、朝日新聞が撮った写真については、全件挙げるべきだ。
 どうせ使い物にならない平成の光秀・石原伸晃は、現地に常駐して監視するべきではないだろうか。環境省に居なくても仕事ができることは、橋下大阪市長が選挙期間中メールで大阪市政を動かせたのだから、光秀にも出来るはずだから、パソコンを持って福島に常駐するべきだ。(No.3526-2)

|

« 民主党自然減でも成果です | トップページ | 鳩山に付ける薬のない日本 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56571740

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者を裏切る光秀の除染:

« 民主党自然減でも成果です | トップページ | 鳩山に付ける薬のない日本 »