« 体罰を愛の鞭だと取り違え | トップページ | 絶好調いつまで続く安倍総理 »

機密費に味を占めてた民主党

廃止主張…民主政権の官房機密費37億2千万円
 政府は11日の閣議で、民主党政権の3年3か月余の期間、官房機密費(内閣官房報償費)が歴代の官房長官に37億2000万円支出され、このうち未使用だった3885万6818円が国庫に返納されたとする答弁書を決定した。
 野田内閣の約1年3か月間では、約15億3000万円支出され、未使用の2172万4654円が国庫に返納された。
 民主党は2009年の政権獲得前、官房機密費の廃止と使途公開を主張していた。菅官房長官は11日の記者会見で、「民主党も政権運営していく中で、必要性を認めたのだろう」と述べた。「(使用額は自民党政権時代と)ほぼ一緒だ」とも述べた。(以上(2013年1月11日22時19分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130111-OYT1T01153.htm

 政権交代前には、官房機密費の廃止と使途公開を主張していた民主党だが、実際は自民党政権時と同程度の額を使っていたことが明らかになった。
 さすが、言動不一致の権化である民主党だ。使った金額もそうだが、民主党政権下で、どれだけの官房機密費が、北朝鮮に流れたかが本当の問題だろう。北朝鮮が、遺骨収集や拉致問題の解決に前向きな姿勢を見せたことからしても、相当額の官房機密費が北朝鮮に流れている可能性がある。
 民主党も主張していた使途公開を行って、民主党がどれだけの売国行為をしていたか、国民に明らかにする必要がある。(No.3520-2)

|

« 体罰を愛の鞭だと取り違え | トップページ | 絶好調いつまで続く安倍総理 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

朝鮮」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56529813

この記事へのトラックバック一覧です: 機密費に味を占めてた民主党:

« 体罰を愛の鞭だと取り違え | トップページ | 絶好調いつまで続く安倍総理 »