« スパコンが欲しくて外す気象庁 | トップページ | 官邸で党務相談する石破 »

スパイまで農水省が接待す

農水省、中国側を招き宴会…スパイ疑惑
 スパイ活動の疑いが持たれた中国大使館の元1等書記官(45)(外国人登録法違反容疑などで書類送検、起訴猶予)が関与した農産物の対中輸出事業を巡り、農林水産省が、提携先の中国側関係者を招いた宴会などを主催し、総額200万円以上を公費から支出していたことが分かった。
 元書記官も参加していた。これまで同省は、事業への関与や事業破綻の責任をあいまいにしてきたが、当初から事業を積極的に推進していた実態が浮かび上がった。
 農水省によると、中国国有企業の役員ら計7人が訪日したのは、事業が動き始めた直後の2011年1月26~31日。当時の筒井信隆農水副大臣が、自ら訪中して中国企業側と覚書を締結した翌月だった。
 日程の調整は、国際交渉などを手がける同省国際部が担当。中国側の役員らは筒井氏の地元・新潟の農業関連施設や地方自治体が運営する都内のアンテナショップを訪問した。同省が所管する日本中央競馬会(JRA)の東京競馬場では特別室で競馬も観戦した。
 26日夜には、鹿野道彦農相(当時)が主催する歓迎宴会などが都内のホテルで開かれ、元書記官や他省庁の閣僚らを含む約20人が参加。費用計約64万円は農水省が負担していた。さらに28日には、同省が都内のホールに食品業者などを集めて事業の説明会を開き、終了後は約70万円をかけて懇親会も開催した。中国関係者の移動手段としてバスを用意するなど、一連の費用は200万円を超えた。(以上(2013年1月15日08時21分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130114-OYT1T00746.htm

 スパイ活動をしたとされる中国大使館の元1等書記官が関与した対中輸出事業を巡り、農水省が宴会を開いて接待していたことが分かった。
 官邸内にもスパイがいたと飯島氏が言うように、民主党政権の官邸は、スパイのやりたい放題だったようだ。その上宴会まで開いて歓待したというのだから、売国行為もここまでやればあきれるばかりだ。さらに、鹿野道彦が農相時代に、歓迎宴会を主催していたというのだから、民主売国政権の売国行為は堂の入ったものだ。
 結果責任も含めて、閣僚には落選しようが、離任しようが、閣僚時の売国行為に対しては、刑法で処罰できるように、新たな立法が必要だ。(No.3522-2)

|

« スパコンが欲しくて外す気象庁 | トップページ | 官邸で党務相談する石破 »

公務員」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56545991

この記事へのトラックバック一覧です: スパイまで農水省が接待す:

« スパコンが欲しくて外す気象庁 | トップページ | 官邸で党務相談する石破 »