« 鳩よりも菅がまともに見えてくる | トップページ | 縦割りで続く被災地の除染 »

日本中勝って欲しくはない民主

三重で勝てないようではどこも勝てない…岡田氏
 民主党三重県連は19日、津市の県人権センターで幹事会を開き、新代表に岡田克也前副総理(59)を選出した。
 幹事会後、記者会見した岡田代表は「民主党は総選挙で敗北して厳しい状況だ。まずは県連を立て直し、今夏の参院選で結果を出すために全力投球したい」と述べた。参院選三重選挙区(改選定数1)では、同党の公認・推薦候補が補選も含めて5連勝しており、「三重県で勝てないようではどこも勝てない。全員がしっかり力を合わせたい」と語った。(以上(2013年1月20日08時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130120-OYT1T00043.htm

 民主原理主義者、意固地な岡田克也が、民主党三重県連の新代表に選ばれ、「三重県で勝てないようではどこも勝てない」とほざいたそうだ。
 自民党政権になっただけで、経済・金融面で円安・株高と良い方向に向かっている。如何に民主党政権が駄目だったかを如実に表している。さらには、生きた国賊・鳩山由紀夫を放し飼いにして日本の国益を損しているのも民主党だ。このような政党などこの世から無くなるか、北朝鮮へでも政治亡命して欲しいものだ。日本の国益の足を引っ張る民主党が、参院選で日本国中で勝利を収めたら、政権は取れなくても、自民党政権の足を引っ張るだけの3年3か月の暗黒政治に戻ることを意味している。三重県では、岡田克也の実家のイオングループが幅を効かせ、民主党の集票マシーンとなっているようだが、消費税を上げるだけでまともな景気対策もしなかった民主党に何かメリットがあるのだろうか。
 メリットがあるとすれば、公取委からの勧告も無視できるというメリットがイオングループにはあったようだが、卸売りを苛めて利ザヤを稼ぐよりも、景気が良くなって消費が増える方がメリットがあるのではないだろうか。(No.3528)

|

« 鳩よりも菅がまともに見えてくる | トップページ | 縦割りで続く被災地の除染 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56586639

この記事へのトラックバック一覧です: 日本中勝って欲しくはない民主:

« 鳩よりも菅がまともに見えてくる | トップページ | 縦割りで続く被災地の除染 »