« 日銀に辞表を出せと負け惜しみ | トップページ | ロシアには強い態度を示す安倍 »

原発をさらに作るという総理

首相「原発新たに作る、福島と全く違うものを」
 安倍首相は30日のTBSの番組で、今後の原子力発電所建設について「(東京電力)福島第一原発の事故原因等々を冷静に見極める」とした上で、「新たに作っていく原発は、40年前の古いもの、福島第一原発とは全然、違う(ものにする)。国民的な理解を得ながら新規に作っていくことになるだろう」と述べた。
 前提条件付きながら、新規建設への意欲を初めて示した。
 首相は同じ東北の原発であっても東日本大震災の被害の程度に差が出た点を調べる考えも示し、「福島第一原発は津波を受けて電源を確保できなかったが、福島第二原発は対応した。(宮城県の東北電力)女川原発もそうだ」と指摘した。
 自民党の衆院選政権公約は原発政策について「10年以内に、将来にわたって持続可能な電源構成のベストミックスを確立する」との表現にとどまっていた。ただ、首相は就任前、新設を認めないとした民主党政権の方針について「もう一度見直していきたい」と述べていた。首相は番組で、「国民は当面の電力需要への対応が不安なのだろう。だから、簡単に『脱原発』『卒原発』と言葉遊びに近い形で言ってのける方たちは(衆院選で)信用されなかった」とも述べた。(以上(2012年12月30日22時29分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121230-OYT1T00563.htm

 どうやら、安倍死ん三は、総選挙で勝ったこと=脱原発の否定だと勘違いしているようだ。
 国民感情からすると、脱原発は当然ということで争点にならなかっただけで、3年間掛けて最適なエネルギーミックスを検討というのが、総選挙が終わったら、原発再開どころか、原発新設まで匂わす発言をする安倍死ん三の思考回路が分からない。もし、上関原発の建設再開をやるのならば、安倍死ん三の選挙区である下関市なり長門市に変更するべきだ。何も検討をすることなく、信念で原発新設というのであれば、総選挙の前に言っておくべきではないだろうか。安倍死ん三には、既に多くの公約違反が表明されている。
 嘘吐き安倍死ん三に日本を滅茶苦茶にされないためには、次の参院選で自民党を落とすしかあるまい。しかし、票の受け皿がないのが困る。(No.3508)

|

« 日銀に辞表を出せと負け惜しみ | トップページ | ロシアには強い態度を示す安倍 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56435830

この記事へのトラックバック一覧です: 原発をさらに作るという総理:

« 日銀に辞表を出せと負け惜しみ | トップページ | ロシアには強い態度を示す安倍 »