« バラマキがバレて取り消す交付金 | トップページ | 外交はつけ爪だったタカの爪 »

自分の発言は忘れる輿石

輿石氏の自民批判 ブーメランとなり自爆?
 「『問責決議で総辞職や解散を迫ることは憲法の精神をねじ曲げる』と谷垣禎一自民党前総裁も言っていた。その言葉をそのまま今の自民党にお返ししたい」
 民主党の輿石東幹事長は2日の参院議員総会で、自民党を批判した。輿石氏が紹介した発言は、平成20年6月の衆院本会議で福田内閣信任決議が可決された際、政調会長だった谷垣氏が趣旨説明で語ったもの。
 だが、その前日、輿石氏は参院本会議で可決された福田康夫首相への問責決議の趣旨説明で「問責は極めて重い。首相に辞職を求めるものだが、われわれが求めるのは解散・総選挙だ」と今の自民党とそっくりな主張を展開。自民党にしてみれば、この発言を輿石氏にそのままお返ししたい?(以上(MSN産経ニュース2012.11.2 19:45)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121102/stt12110219470007-n1.htm

 自分のことは棚に上げて、人を攻撃するという体質は、民主党固有のものだ。
 輿石ミイラもそれに違わず、ブーメラン発言をしても、とぼけた顔をしているというのだから厚顔無恥も甚だしい。野党と与党では、言うことが180度逆転するのだから、どうしようもない政治屋集団だ。まして、輿石ミイラは、総選挙の責任を取って幹事長を辞任したが、参院議員会長という肩書きにはしがみついており、これまで以上に、輿石支配を強めようとしているのだから、バカに付ける薬はないというか、脳みそを穿り出したミイラに考えることを求める方が無理というものだろう。
 陰でごそごそやっている輿石ミイラが党を牛耳っている民主党に、「民主」と名乗る資格さえ欠如しているのだ。(No.3502-4)

|

« バラマキがバレて取り消す交付金 | トップページ | 外交はつけ爪だったタカの爪 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

老害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56392361

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の発言は忘れる輿石:

« バラマキがバレて取り消す交付金 | トップページ | 外交はつけ爪だったタカの爪 »