« 維新でも即主張する既得権 | トップページ | JAが胸なで下ろす来年度 »

光秀が国民さえもだまし討ち

原発ゼロ、白紙に…石原環境相「現実的でない」
 第2次安倍内閣が、民主党政権が掲げた「2030年代の原子力発電稼働ゼロ」目標をいったん白紙に戻すことが確実になった。
 石原環境相は就任翌日の27日、福島県を訪れ、「(原発稼働ゼロは)現実的ではない」と批判し、茂木経済産業相も就任直後の記者会見で「再検討が必要だ」と述べた。自民党は公明党との連立政権合意文書で、原発依存度を下げる方向で一致しており、今後、エネルギー政策全体をどのように見直すかが焦点になる。
 民主党政権は9月、原発の新増設を認めず、40年運転制限を厳格に適用することなどを盛り込んだ革新的エネルギー・環境戦略を策定した。しかし、中長期的なエネルギー政策の全体像を示す「エネルギー基本計画」は結局、同戦略に批判的な有識者委員会との溝が埋まらず、先送りされたままだ。(以上(2012年12月28日07時58分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20121228-OYT1T00194.htm

 原発相になった平成の光秀こと石原伸晃が、原発稼働ゼロは現実的ではないとほざいたそうだ。
 総選挙の公約で自民党は、3年間掛けて原発政策を見直すとだけ掲げていたが、竹島、尖閣問題を先送りするにもかかわらず、原発再稼働については、3年の検討もせずに再稼働する気になったようだ。エネルギー政策も決まらないまま、原発再稼働ありきで動く光秀・石原伸晃は、今後、国民からサンドバッグにされる運命のようだ。
 そうならば、安倍死ん三の思う壺だろう。(No.3505-3)

|

« 維新でも即主張する既得権 | トップページ | JAが胸なで下ろす来年度 »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56415758

この記事へのトラックバック一覧です: 光秀が国民さえもだまし討ち:

« 維新でも即主張する既得権 | トップページ | JAが胸なで下ろす来年度 »