« 滋賀県で伊吹おろしの吹く未来 | トップページ | 今頃に何をと思う副総理 »

藤村はミサイルよりも我が選挙

藤村官房長官「ミサイルさっさと上げて…」 地元入りで
 藤村修官房長官は7日午後、自身の地元選挙区である大阪府吹田市内で、次回に地元入りする可能性を記者団に問われ、「要は北朝鮮のミサイルがいつ上がるか、でしょう。さっさと月曜(10日)に上げてくれるといいんですけどね」と述べた。藤村氏は午前の記者会見で「北朝鮮が発射しないよう強く自制を求め、いまその努力している」と述べたばかり。午後の発言内容が野党から批判を受ける可能性もある。(以上(朝日新聞2012年12月7日16時59分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1207/TKY201212070313.html

藤村官房長官は即時辞任を=自民・安倍総裁【12衆院選】
 自民党の安倍晋三総裁は7日夜、徳島市で街頭演説し、藤村修官房長官が北朝鮮の弾道ミサイル発射をめぐり「さっさと上げてくれるといい」と述べたことについて、「冗談ではない。ミサイルが日本に着弾したら日本人の命が危ない。こんな発言をする官房長官には直ちに辞めてもらわなければいけない」と述べ、藤村氏の即時辞任を求めた。(以上(時事ドットコム2012/12/07-19:34)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2012120700889

 世界が北朝鮮のミサイル発射を阻止しようと動いている中、藤村修は官房長官でありながら、「さっさと上げてくれるといいんですけどね」とほざいたそうだ。
 この一言で、藤村修が官房長官としての資質が欠如していることを自ら示したことになる。このような官房長官を据えた野田豚は、総選挙の最中であるが、任命責任を問われても仕方のないことだ。
 自分が落選しそうなことぐらい分かるが、最期のご奉公として官房長官の職責を全うするのが、藤村修の花道ではないだろうか。(No.3484)

|

« 滋賀県で伊吹おろしの吹く未来 | トップページ | 今頃に何をと思う副総理 »

危機管理」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56270803

この記事へのトラックバック一覧です: 藤村はミサイルよりも我が選挙:

« 滋賀県で伊吹おろしの吹く未来 | トップページ | 今頃に何をと思う副総理 »