« 橋下が守秘義務無いとしゃべってる | トップページ | 暴走老人が苦労する維新 »

身内なら返金すれば問わぬ罪

警視庁:慶弔費で出会い系サイト 56歳職員を処分
 警視庁は16日、慶弔費などに充てるために積み立てていた互助会費を流用したとして、第5機動隊に勤務する主事の男性事務職員(56)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。「出会い系サイトに使った」などと話しており、職員は同日付で依願退職した。
 人事1課によると、職員は11年1月~7月上旬、19回にわたり、互助会費計275万円を金庫から持ち出した。会費は、隊員らが毎月数千円ずつ積み立てていたもので、会計担当だった職員が管理していた。出会い系サイトには1カ月で約100万円を使うこともあったという。既に全額返済しており、同庁は立件を見送った。
 また、上司から注意されて拳銃を取り出した葛飾署地域課の男性巡査長(31)を戒告処分にした。
 巡査長は11年11月27日午前7時45分ごろ、葛飾署内の地域課事務室で上司から勤務内容を勝手に変更したことを注意されて立腹。退室直後に「ぶっ殺してやる」と言いながら、4~5秒間、携帯していた拳銃をホルダーから抜いた。近くにいた別の上司に一喝され、すぐに戻したという。巡査長は「積もり積もった怒りを知ってほしかった」などと話しているという。【小泉大士】(以上(毎日新聞2012年11月17日01時39分)より引用)
http://mainichi.jp/select/news/20121117k0000m040125000c.html

 警視庁は、身内の犯行の横領事件と銃刀法違反とを停職6ヶ月という内部処分にとどめ、依願退職によって、公金を泥棒に追い銭をくれてやったそうだ。
 身内には甘い警察当局の体質を見事にさらけ出した事件だ。横領が分かって、返金すれば済むのであれば、警察など不要なのだ。さらに、拳銃をホルダーから抜いた銃刀法違反も目を瞑るというのだから、身内には大甘体質もいい加減にして欲しいものだ。
 警察組織は、江戸時代の目明かし組織をそのまま引き継いでおり、その体質が未だに抜けていないことがよく分かる。このような警察に正義などあるのだろうか。(No.3485-2)

|

« 橋下が守秘義務無いとしゃべってる | トップページ | 暴走老人が苦労する維新 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56283160

この記事へのトラックバック一覧です: 身内なら返金すれば問わぬ罪:

« 橋下が守秘義務無いとしゃべってる | トップページ | 暴走老人が苦労する維新 »