« 検証も実際やるか分からない | トップページ | 商業捕鯨に使われる復興費 »

維新後の藩閥政治やるつもり

「長州出身として恥じない結果を」 安倍氏、墓前に誓う
 「長州出身の政治家として、恥じない結果を出していきます」。自民党の安倍晋三総裁は22日、地元・山口県で祖父の故岸信介元首相、父の故安倍晋太郎元外相の墓参りをした。
 安倍氏は墓参後、記者団に「(祖父は)日米同盟が新しい時代を迎えなければいけないという信念で、日米安保条約の改定を行った」と評価。そのうえで「私も祖父と同じ信念と決断力を持って」と語った。(以上(朝日新聞2012年12月22日23時54分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/1222/TKY201212221020.html

 総選挙時には、日本維新の会に「維新」などと言って欲しくないとほざいた安倍死ん三が、売国奴・岸信介と安倍晋太郎の墓前で、時代錯誤も甚だしい「長州出身」とほざいたそうだ。
 二度目の総理になろうとしたこと自体、潔さもないし何を持って恥と称するのか安倍死ん三の胸中は分からない。それよりも、総理になる前から公約を反故にすることを「竹島の日」と「尖閣諸島への公務員常駐」ということをやったのけた以上、野田豚を下回る最低総理の烙印は早々に捺されることだろう。長州閥と言えば明治維新後の「藩閥政治」の象徴であり、安倍死ん三はそういう政治をやろうと考えているのだろう。長州の輩がどれだけ日本を駄目にしたかと言えば、松下村塾の屋外に座っていた伊藤博文以来、山口県のあぜ道まで舗装した岸信介と佐藤栄作、そして安倍死ん三と明治維新以降、ろくな人間を輩出していないのだ。国賊排出県と言っても過言ではない。
 安倍死ん三が今の所腹も壊していないようだが、一年持ちこたえることが出来るだろうか。それが楽しみだ。今度政権を放り出すときには、国会議員も辞職して欲しいものだ。(No.3500-3)

|

« 検証も実際やるか分からない | トップページ | 商業捕鯨に使われる復興費 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56378434

この記事へのトラックバック一覧です: 維新後の藩閥政治やるつもり:

« 検証も実際やるか分からない | トップページ | 商業捕鯨に使われる復興費 »