« 死人出るまでは問題ないという | トップページ | 公約と言わないらしいJファイル »

最初から脱原発は視野にない

首相、廃炉加速を支援 福島原発を初視察
 安倍晋三首相は29日、福島県の東京電力福島第1原発を視察し、長期化が懸念される廃炉作業を加速し、政府が全面支援していく考えを表明した。民主党の掲げた2030年代の原発ゼロ目標には否定的な考えを重ねて示した。首相は東日本大震災からの復興を、経済再生と並ぶ内閣の優先課題と位置付けており、就任直後の初視察先に福島県を選ぶことで取り組みをアピールした。
 首相は事故時に指揮所となった免震重要棟内で東電職員ら約80人を前に「廃炉に向けた挑戦に成功して初めて福島、日本の復興につながる。政府も全面的にバックアップする」と言明。廃炉には30年以上かかるとされている。(以上(2012/12/29 18:03【共同通信】)より引用)
http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012122901001391.html

 嘘吐き・安倍死ん三が、福島第一原発を見学して、原発ゼロはやらないと明言した。
 自民党では、3年間でエネルギー政策の「ベストミックス」を考えるとほざいていたが、ベストミックスを検討することもなく、原発ゼロはやらないとほざいた。これもまた、安倍死ん三の公約違反であることは明白だ。まだ、ベストミックスを検討して原発が必要だというのなら、論理的根拠を示せばまだ検討の余地がある。しかし、何もやらないで、原発ゼロは嘘だとこの時期にほざくのであれば、民主党のマニフェスト詐欺以上の詐欺行為だ。そもそも、原発ムラを容認したのも、原発の無責任体質を作り出してきたのも自民党政権だ。先覚公務員常駐もメッセージだと公約詐欺を言い訳しているが、嘘を吐くにも75日ぐらいは間を空けてやって欲しいものだ。
 安倍死ん三が、こう容易く公約を反故にすれば、次の参院選では、自民党が大惨敗することは自明なことだ。(No.3506-6)

|

« 死人出るまでは問題ないという | トップページ | 公約と言わないらしいJファイル »

原発」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56419099

この記事へのトラックバック一覧です: 最初から脱原発は視野にない:

« 死人出るまでは問題ないという | トップページ | 公約と言わないらしいJファイル »