« 韓国の言いなりなんか許せない | トップページ | 竹島で韓国などに遠慮すな »

浅ましい皮算用に嘆き節

「石原御大、神通力なかった…」 衆院選へ焦り“結婚”相手を間違えた
 『「政策が一致しなければ有権者は離れる」。橋下は政党同士の連携に関し、繰り返し語っていた。石原、橋下の二枚看板は一定の相乗効果を生み出したが、皮肉にもその言葉を実証するかのように、選挙前に太陽の党と電撃合併した維新への支持は伸びを欠いた。
 選挙戦最終盤、維新幹部はこう悔やんだ。「石原御大(おんたい)で人気が出るわけでも、票が増えるわけでもなかった。神通力はなく、誤算だった」』(以上(MSN産経ニュース2012.12.20 10:45)より部分引用)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/121220/waf12122010450014-n1.htm

 大阪市政を放り出しても、維新の会が市議会で多数を占めて責められもしない橋下徹が、利用しようとした石原慎太郎が足かせになったことを嘆いたそうだ。
 そもそも、油と水が混ざり合うこともないだけ政策が違っていながら、手を結んだのだから仕方ないだろう。結果論に過ぎないのだ。維新幹部の「石原御大、神通力なかった…」の言葉がすべてを語っている。要するに、日本維新の会は目先のことだけを考えて、石原慎太郎を利用しただけなのだ。
 上手くいけば結果オーライぐらいのつもりだったのだろうが、これほど有権者を愚弄した戦略はない。次は、元たちがれを追い出して、みんなの党と手を結ぶことを考えている節操もない橋下徹が、なぜ人気があるのか私には分からない。(No.3497-3)

|

« 韓国の言いなりなんか許せない | トップページ | 竹島で韓国などに遠慮すな »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

日本維新の会」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56362555

この記事へのトラックバック一覧です: 浅ましい皮算用に嘆き節:

« 韓国の言いなりなんか許せない | トップページ | 竹島で韓国などに遠慮すな »