« | トップページ | 脱原発小沢に頼ることはなし »

アメリカに助けてもらう我が領土

尖閣領空侵犯、米が中国に直接「懸念」伝達
 【ワシントン=山口香子】米国務省のベントレル副報道官代理は14日の記者会見で、中国機による沖縄県の尖閣諸島の日本領空の侵犯を「懸念している」と表明。
 中国政府に直接懸念を伝達し、尖閣諸島が対日防衛義務を定めた日米安保条約の適用対象になるとの米政府の立場を改めて伝えたことを明らかにした。(以上(2012年12月15日06時30分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121215-OYT1T00215.htm

 中国の尖閣諸島の領空侵犯に対して、アメリカが直接中国に懸念を伝達したそうだ。
 如何に日本の民主党外交が、不毛かを端的に示している話だ。玄葉のあほたれが何をほざいても外国には相手にされないのだ。野田豚は、尖閣問題も自民党時代に棚上げしたから悪いとほざいているが、民主党政権がだらしないからここまで突っ込まれるのだ。それが分かっていない脳天気な野田豚の街頭演説など糞の役にも立たないパフォーマンスだ。自民党がだめだから民主党へと政権交代を有権者は選択したのであって、物事起こる度に、自民党が悪いとほざいている民主党政権には退場してもらう以外方法はないだろう。
 明日の総選挙で民主無能政権の成績表が出るのだ。政権政党であった以上、嘘八百のマニフェストを隠しても、これまでの悪行三昧がすべて裁かれるのだ。(No.3491-4)

|

« | トップページ | 脱原発小沢に頼ることはなし »

危機管理」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/56324245

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカに助けてもらう我が領土:

« | トップページ | 脱原発小沢に頼ることはなし »